#6 「資格」が学校教育を危機に導く

ーーーーーーーーー(前回からの続き)ーーーーーーーー

#6 「資格」が学校教育を危機に導く

就職しても、年度途中に(あっさりと)辞めてゆく若い保育士が増えている。思い悩んで、精神的に追い詰められて、または直感的に良心に従って辞めてゆく人もいる。毎年3割の保育士が変わり、市議会で、いったいどういうことなのかと問題になったりする市もある。派遣保育士の値段がつり上がってゆく。

保育界に限らず様々な業界で、新卒者の忍耐力、責任感が希薄になっているというのはよく言われること。平均的に三年以内に3割の新卒就職者が離職をするという。

問題なのは、保育という仕事がただの「仕事」ではないということ。環境が安定していることが第一条件としてある。3歳未満児が親、または祖父母や親戚でも村人でもいいのですが、特定の保護者と継続的に愛着関係を育てることの大切さは、人間、誰でも知っていたこと。だから、ユニセフの子どもの権利条約にも「児童は、できる限りその父母を知りかつその父母によって養育される権利を有する」と書いてある。

資格取得の段階で、ほとんど篩(ふるい)にかけられていない、園児たちのことを優先して考えられないような学生が、簡単に「子育て?」の「資格」を取れるようになっている。

そして、明らかに保育士の国家資格を「子育て」の資格とは認めてはいけない状況下に、国は「子育て」を保育士に任せるように親たちを誘導している

もし国が、11時間保育を「標準」と名付け(これも、子どもの権利条約違反だと思いますが)、これほど経済施策を急激に保育界に依存しようとしなければ、保育界はもう少しゆとりを持ち、その質をもうしばらく保てたのかもしれない。

いまさら、保育指針に「教育」という言葉を入れたり、3歳未満児の発達の重要性を書き加えても、保育士の質を資格取得の段階から落としているのだから焼け石に水、保育士を募集した時に倍率が出なければ、どんな人でも雇うしかない。資格を持っているというだけで雇わなければならなくなる、選べなくなる。政府の「やったふり政策」によって、悪循環が進んでいます。

保育士は、保育を「仕事」と考えることで辞めることができます。自分の人生を優先して考えることもできる。しかし、親はそうではない。基本的に、一般的に、「辞める」ことができない。それが私たちが進化するために、または安定的に社会を築くために、与えられた条件です。特に哺乳類の場合は、子どもを優先にしないと自分の本質を体験できないような仕組みになっている。そのことの意味と、違いを理解していないことに、いま政府が進めている保育施策の致命的欠陥がある。施策を決めている人たちが人間性と社会の関係性を知らない、子育てを包む心の動きを理解していない。

(子どもの権利条約に「子どもの最善の利益を優先する」ことと、子育ての「第一義的責任が親にある」ことが、同時に書かれていることには意味がある。この二つが尊重されなければ、人間社会は成り立たない。健全な状態を保つことが難しくなる。)

保育者養成校の学生の質の低下の問題は、実習生たちを受け入れている幼稚園・保育園に聞けばわかります。厚労省も当然知っている。養成校の教授たちは全員知っている。

真面目な学生たちが、同級生のいい加減な態度を見て、なんであんな学生に資格を与えるんですか?ちゃんと試験をしてほしい、と訴えてくる。伝統ある認可園に一週間実習に行っただけで、子どもを叩いたり、怒鳴ったりする習慣を覚えてしまう同級生を見て、保育園の格差の実態を知ってしまう。先輩から、あの園に実習に行ったら保育士になる気がなくなるよ、と園名の伝達が行われていたりする。そうした混乱の中で、保育「資格」が形骸化してゆく。それを親がちゃんと知らされていない。それを知らせると、政府が困るから。

資格を与えなければいい、だけのことです。でも、少子化も重なり、それをすると受験者が減って養成校ビジネスが成り立たなくなる。政府の経済施策で、高等教育を中心に、国全体が「弱者の最善の利益を優先する」「利他の心」を忘れ、子育てが自転車操業になってきています。

そうした状況の中で、火に油を注ぐように、ネット上に「保育園開業マニュアル」、いま儲けるなら保育園、といったビジネスコンサルタント会社の宣伝文句や、保育士転職の仕方マニュアルが幼児たちの頭越しに飛び交っている。

その先にあるもっと恐ろしいネット上の子どものやりとりが、市場原理先進国アメリカで、里親という形ですでに始まっている。http://www.luci.jp/diary2/?p=2083

自分の園の保育士に、養成校時代の同級生、知り合いの保育士を引き抜いて来れば一人五万円出す、と園長が平気で言ったりする。他園の園児たちの日常などどうなってもいい、と宣言しているようなもの。東京のある区長が、税収や財源があるからと言って、月8万円の住居費補助で他県から保育士を青田買いしようとする。待遇改善と言いながら、実は強者に有利な、保育士の奪い合いが始まっている。これが政府の進める市場原理の結果です。「保育は成長産業」と位置付けた閣議決定のたどる保育界の姿です。それがすなわち、国の勧める「子育て」の姿を現している。

大人の都合を優先して、子どもたちの「気持ち」を考えない、自分たちの利便性と損得しか考えない、この強者本位の流れが迫っているのを、いい保育士は見抜いてしまう。子育てが社会の一部ではなく、ビジネスの一部になろうとしているのが見えてしまうのです。だから「いい保育士」も、あっさり辞めてゆくのかもしれない。

「あの人、変、」と幼児が怖がって寄り付かないような保育実習生が園をうろうろする。その風景が、学校教育という仕組みの終焉を示唆しています。

(毎年、保育関係者を中心に全国で講演しています。主に保育界で起こっていることを報告している私のツイッターに、こんな文が返ってきます。@kazu_matsui)

『うちの職場にも「(俗にいう)使えない人材」が採用されています。「子どもなら、自分の自由に動かせる」と非常に恐ろしい考えを、何の躊躇なく話してた彼ら。退職したり、配置転換し、現場から離れましたが一緒に仕事してる時は生きた心地しませんでした。』

『最近の実習生を見ていて、まさに実感しています。『子どもが好き』だと思えない学生が多い。新卒の保育士も同じ。なぜ保育士になったのか?と思ってしまう。結果、新人は注意されればすぐ退職していく。残された保育士の負担増であり、悪循環…』

『トイレから出てこなくなってしまった実習生を引き取りに来た母親の「保育士だったらなんとかなると思ってたのに」という一言は忘れられないけれど、一緒に来た担当講師の「なんとか二週間頑張れば資格とれたんですけどね」という言い草には腹立ちより呆れ。その講師はその養成校の卒業生と聞いて納得。』

ーーーーーーーーー(続く)ーーーーーーーーー