保育界の現実(森友学園問題)

保育界の現実

森友学園問題で、テレビのニュースカメラの前で、「高等森友学園」の園長が保育園の国基準違反をあっさりと認め、でも、うちの無資格者は資格者よりいいんです、と堂々と行政に言っていました。

『会談後は市が会見。諄子氏には配置基準の認識がなかったといい「園長は『6人も必要ないでしょ? 3人で足りる』と話していたので『それは違う』と申した」。諄子氏は保育所を継続する意向を示し、保育士確保について「5月まで頑張ってやっていきます」と話したというが「『どんな手立てを?』と聞いても具体策は何も出なかった」と説明。保育士紹介施設の利用も促したという。』

園長・設置者の良識が問われる風景ですが、これが保育界の現実です。保育という、幼児の命を預かる現場で、しかも認可された保育園の園長の姿です。しかも、園長先生は安倍首相の知り合いで、首相夫人が保育理念に感動しました、と系列幼稚園で挨拶をした園の理事でもあるのです。総理大臣を知っているのだから、私は何を言っても構わない、という風にも見えますが、それよりも、国基準など少々無視しても大丈夫、他でもやってることでしょう、と思っている、と見る方が正解なのではないかと思います。

カメラの前でここまで言われたら、行政も見逃すわけにはいきません。本当に閉園にする方向へ動いた。それを見て日本中で、「エッ」と思った園長・設置者がたくさんいたはず。何をしても閉園にならないのが保育園、ビジネスコンサルタントがそう言っていたではないか、と思った人もたくさんいたはず。

ニュース報道を見れば明らかなように、認可保育園という一見確立されているように見える仕組みでさえ、実はまだまだ園長・設置者の意識がバラバラで、保育に対する姿勢もいろいろです。一定の常識、良識が通用しない。しかも、保育の新制度を進めようとした人たち(一部学者と政治家)は、すでに保育者養成校が市場原理の一部になっていたことを見落としている。次の世代の、保育に対する意識が下がっている。これでは負の連鎖は止められない。

確かにあの園長先生が言うように、無資格者で資格者よりもいい保育士はいくらでもいます。最近の保育者養成校の「資格の乱発」と、「子ども相手ならできるでしょう」と平気で言う高等学校の進路指導の結果、この発言はいよいよ真実味を増している。でも、考えてみてください。どこかの学校の校長が、うちの教師は資格を持っていない人もいるけれど、資格を持っている人よりよほどいいんです、だから法律に違反してもいいんですよ、とニュースカメラの前で行政に向かって堂々とは言わない。

最近の保育のサービス産業化を見ていると、保育所保育指針という法律に書いてある、園児の最善の利益を優先して、という理念さえ徹底されていない。それどころか国が保育の根幹にある理念を壊している。ここ数年間に小規模保育、家庭的保育事業、こども園、学童保育の増加、障害児デイ施設など、待機児童解消を最優先に、新たな仕組みがどんどん参入してきています。それに伴う資格の規制緩和や利益優先のサービス産業が加わって、子どもたちを囲む状況はさながら無法地帯のようになりつつある。

あの(知り合いの)園長先生の傍若無人な行政への説明を見たら、首相だって、本来は、あと40万人保育の受け皿を確保します、などと言えないはずです。

保育園の義務教育化など夢のまた夢。

保育士の質を落としておいて、「就学前教育」などと言う詐欺のような施策と同じで非現実的、学者の机上の空論。保育園の義務教育化は、義務教育を崩壊させる。

ーーーーーーーーーーーーーー

加えて、こんなことを書くのは矛盾しているように思えるかもしれませんが、私は実は、あのちょっと支離滅裂な園長先生は「子どもたちにとって」、全国平均よりも上の、いい園長のような気がしているのです。社会とか仕組みの中では通用しにくい人でしょう。補助金でずるいこともしなのでしょう。でも、「必要な時に親を叱れる園長」だったような気がするのです。

「必要な時に親を叱れる」。信じたこと、思ったことを言える。保育指針の第6章あたりに該当する重要な項目なのですが、この国の現状を考え、その先にある義務教育の存続を考えると、保育園の役割としては、私は、ここが一番大切だと思っています。的外れでもいいのです。思ったことを率直に言い合える関係が育てる側にあれば、子どもはちゃんと育って行く気がするのです。

私は、福祉という仕組みの中で、保育にしても老人介護もそうですが、親身さではなくて、知識や手法で人と接する「専門家」たちが増えていることを危惧するのです。「専門家」の存在によって、他人の人生に親身になれる、本当の保育士や介護士が福祉の現場から去っていったり、その心を閉ざしたりしていくことを一番心配しているのです。学問と仕組みが、人間社会から人間性を奪ってゆく。

あの園長の、うちの保育士は資格を持っている保育士よりもいい保育士なんだ、という叫びが、たぶん真実で、本気なのが、なんとなくわかるのです。

ーーーーーーーーーーー

(付記)

知らない人が多いのですが、保育園の園長は、実は保育資格を持っていなくてもいい。それがこの国の保育の心を支えてきた側面があるのです。資格を取って「保育は福祉、親のニーズに応える」みたいな知識を植え付けられ、それを優先する人に園長はできない、と思う。保育は福祉という形をしていますが、「子育て」なのです。