以前作った音楽から二曲、イメージを足してユーチューブにアップしました

IMG_0101 のコピー

https://www.youtube.com/watch?v=BoENcI0Dnhw

Music of Kazu Matsui (Shakuhachi). “The Dream Walk” and “Red Sea”, featuring David Lindley .

I put two tunes from my Shakuhachi albums, “Sign of the Snow Crane” and “Wheels of the sun” with some images on YouTube.  Shakuhachi is the traditional bamboo flute from Japan. Please go into the Deep Forest with the tune, and bring back the ancient memories of ours. We need it.

The Second tune is called “Red See” featuring the legendary David Lindley playing Setars and his famous Slide guitar. I met David through Ry Cooder’s film sessions, Southern Comfort and Alamo Bay. We became good friends and made a whole album together.

ユーチューブに私の昔のアルバム“Singn of the Snow Crane” と “Wheels of the sun”から二曲、イメージを加えて載せました。心理学や哲学の存在意義が問われそうな単純な仕掛けは、それに気づけば、の話ですが、「技」の働く次元がちがっています。

森の一部になることで孤独から遠ざかり、湧き水の傍らに座って内側から木々を眺めていると、自身が神秘的な存在になる気がするのです。

 

201507121414000

201507121414000

「生命の暗号」

筑波大名誉教授の分子生物学者、村上和雄氏が亡くなりました。

著書の「生命の暗号」という本に、遺伝子がたくさんオンになるほど良い研究が出来る、感性が磨かれる、と書いてあります。そして、遺伝子をなるべくオンにするには、感謝すること、Give&Giveの気持ちで生きること、その典型が乳児を育てる母親、と書いてあるのを読んで感動したことがあります。

わかりやすい、真実は、とってもわかりやすい。

ここまで歩んできた人類の道筋が見えてくるようです。直感は度々宗教っぽく聞こえることがありますが、それを真実と見抜く力が遺伝子に存在する。その源に、次の世代を優先することがあって、それはつまりGive&Give、利他の心。そのあたりの遺伝子がオンになってくると、人類は、より一層調和するということですね。

村上先生の本を読んでいると、0、1、2歳という特殊な人たちと過ごすこと、環境、景色としての幼児たちの存在、子育てという体験が「人間性」という、『遺伝子が充分にオンになった状態』と密接に関係しているのがわかります。笑う、という行為が遺伝子をオンにするという主張も、とてもわかりやすい。遺伝子は「心」とオン、オフという関係で常に交流している。「想い」によって遺伝子がオンになる。

その「想い」のスイッチになっているのが、0、1、2歳との交流、可愛がる、をベースにしたプロセスなのでしょう。

 

生命の暗号 

—————————

笑わない一歳児。園長が母親と面接するが母親も笑わない。父親を呼び出すと不機嫌。祖父母を呼び出した時点で誰もこの小さな命に感謝していないのでは、と気づく。保育士に号令「くすぐってもいいからこの子を笑わせろ!一日中!」。子どもが笑う。母親が少し笑う。やがて一家が命のまわりで笑い出す。

「あの子ですよ」と園長先生が指差す先で、元気な三歳児が遊んでいる。これが保育。保育とは、人間の遺伝子がオンになるプロセスを助けること。

「短時間勤務の保育士の活躍促進」がいまの政府の姿勢を端的に物語っています

i mages-9

言葉のしゃべれない乳幼児の要求通りに、(言葉がしゃべれないのですから、主としてそれを想像しながら、自問自答しながらですが)ゆっくりと時間をかけて関わって、寄り添って、次に集団で遊ぶ幼児たちをなんとなく眺めていれば、それが助走路となって人間はそう簡単に道を見失わない、そう考えています。

150年前の、日本人の子どもと遊ぶ風景やその可愛がり方に関心する欧米人の証言を集めた「逝きし世の面影」(渡辺京二著)第10章「子どもの楽園」(http://www.luci.jp/diary2/?p=1047 :に抜粋があります)を読み、私が実際にインドで見た世代をつないていく手段と原風景を重ね合わせて、そう確信するのです。

だから、日本がその個性を生かして特別な役割を果たすのだとしたら、幼稚園・保育園が鍵を握っていると思うのです。

images-12

政府の言う「一億総活躍」、そんな経済競争のお金儲けの次元とは違う、本物の選択肢が常に並行して存在するということを、本来の生き甲斐や、人生の目的などを人間に憶い出させるために幼児たちがいてくれる、そんな風に考えてほしいのです。「子育て」という行いは、縦糸横糸でつながっている、だから、みんなの問題だということが自然にわかる仕掛けになっていた。

みんなの問題は、みんなの心の問題であって、仕組みの問題ではないのです。

 

前々回指摘した新内閣で進められている「新子育て安心プラン」には子ども優先の姿勢が欠けています。誰にとっての安心なのか、いつの間にか本末転倒になっているのです。こんな姿勢の中で作られる「こども庁」など推して知るべし。雇用労働施策から離れて、子どもの日々の生活を優先し、子どもたちの安心を第一に考える庁ならいいのですが、ただ名前だけの(実は労働施策の)隠れ蓑にならないことを祈るばかりです。

四月に施行された「短時間勤務の保育士の活躍促進」がいまの政府の姿勢を端的に物語っています。

保育はパートでつなげばいい、その子がどういう一日を過ごしたか親が知る必要などない、と言っているようなもの。「保育の質が落ちないようにと、自治体には指示している」そうですが、同じ言い訳、言い逃れです。不可能なことを「指示した」って何の意味もない。

乳幼児期に子どもが築くべき愛着関係(誰と、どれだけ)に気を使いながら、保育の質を憂い、親とのコミュニケーションを維持しようと頑張ってきた園長が「この施策はまるで政府に横っ面を叩かれているようなものです」と言いました。

(厚労省のホームページから)

 「新子育て安心プラン」では、4年間で約14万人の保育の受け皿を整備するほか、1.地域の特性に応じた支援、2.魅力向上を通じた保育士の確保、3.地域のあらゆる子育て資源の活用を柱として、各種取組を推進してまいります。

短時間勤務の保育士の活躍促進

(待機児童が存在する市町村において各クラスで常勤保育士1名必須との規制をなくし、それに代えて2名の短時間保育士で可とする)

 

学校教育が「義務」である限り、教育界の将来にとって致命的とさえ思える「短時間保育士で可とする」という異常な規制緩和に、幼児たちと毎日過ごしている保育界が表立って反対しない。一部反対の署名運動もありましたが、マスコミが大きく取り上げない。

保育界がまとまらなくなっています。子ども優先か、経済優先か、ますます両極へと広がり続けている。ここ10年くらいの間に、異業種と見なした方がいい新たな保育の仕組みが政府によって次々に作られ、保育界が分裂、分断されてしまっている。

三歳未満児に限定された小規模保育と、0歳から5歳児までいる認可保育園では仕組みや保育の内容が違います。幼稚園が土台になった「こども園」と、元々保育園だった「こども園」では旧幼稚園と旧保育園くらいの違いがまだある。(そうあって欲しいと思います。)そこに利潤追求型の旧認可外的小規模保育、家庭的保育事業、企業型、ベビーシッター紹介業、学童保育などが入り混じり、団体が乱立し歩調が合わない。意図的にバラバラにされた後に、保育の根幹に関わる法的変更が、政府と経済界の都合で施行されていく。

保育指針にある「子どもの最善の利益を優先する」という支柱が、実質取り払われようとしているのです。

この柱が政府によって壊されることは、国家(人類)の存続に関わる重要な問題です。マスコミも学者も本当に気づいていないのでしょうか……。

パートの保育士が悪いと言っているのではありません。自分も子育てしていて、子どもが学校から帰った時に家に居たいとパートを希望する保育士には頼りになる保育士が多い。だから午前中だけでもそんな人に保育をお願いしたいと言う園長先生もいます。派遣会社が「パートならいい保育士がいるんですけどね」と言うのがこのケースです。そこにも、いま社会全体の「子育て」が抱えている奇妙な矛盾が現れています。仕組みに心を込めるはずの、優先順位の確かな人たちが仕組みに当てはまらない。内心、仕組みが進む方向性に疑問を持っている。「子育て安心プラン」が作られた「動機」が、この人たちの生きる「動機」と異なるのです。

「市場原理」と「子育て」は、一見両立するように見えて、相反する動機によって成り立っている。幼児たちがそれを自然の摂理の中で実証してしまう。

市場原理に巻き込まれた以上規制緩和しないと生き残れない、という理屈は理解できます。元々「保育は成長産業」という閣議決定が後押しした保育の産業化で、屋根に上がって梯子を外されてはたまらない。しかし、それは子どもの成長と日常を後回しにすること、犠牲にすることで、正論を言うベテラン保育士たちの切り捨てを容易にすることでもあるのです。保育科の学生に対する青田買いで、「三年経ったら園長になれます」とか、「みんなで一緒に新しい保育園を立ち上げましょう」などと言うとんでもない勧誘の言葉が使われ、それが「資格」を持った若者を惹きつけるのですから、仕組みの成り立つ「流れ」がすでに保育の本流から大きくずれている。

閣議決定に後押しされるように、いま儲けるなら「保育」、というビジネスコンサルタントの宣伝がネット上に載ります。「保育はサービス産業」と割り切った人たちが急速に増えているのです。その人たちが保育界を業界として仕切って、子どもの願い不在の少子化対策を政治家に進言しているのではないか、ビジネスを得意とする人たちのビジネスセンスが「保育の心」に代わろうとしているのではないか、とさえ思えるのです。その人たちは「短時間勤務の保育士の活躍促進」をビジネスチャンスと捉えている。

子どもの安全を第一に考えて、事故があった時に冷静に対応できるベテラン保育士を常駐させる体制を整えようとしたら支出の八割を人件費に回さないとできないと言われます。保育指針に沿って保育をしたら利益は望めないということ。その現実を無視した矛盾だらけの産業化であり、「保育は成長産業」という閣議決定なのです。その矛盾を、子どもの安全を犠牲にした規制緩和で穴埋めし、それを続けているうちに、引き返すことが不可能な状況にまで質の低下が進んでいる。

(コロナ禍の中で、国から補助が出ているにも関わらず、保育士を休ませその収入を削って利潤を追求しようとした園長・設置者については、去年繰り返し報道されました。違法行為も問題ではありますが、保育界で運営に携わる人たちのモラルの低下は、子どもたちの過ごす日々に数値に現れない様々な影響を及ぼしていく、そこが問題なのです。https://toyokeizai.net/articles/-/357849?page=4  https://dot.asahi.com/wa/2020111200011.html

http://kaigohoiku-u.com)

初心者といってもいい親たちは、こうした後戻りが難しい制度変更にあまり気づかない。「保育は全員パートで構わない」という規制緩和が子どもたちの成長にどういう意味を持つのか、よく知らない。親子の一生に関わることですからきちんと説明すれば慌てると思うのですが、政府がやっていることだし、みんな預けているのだから、くらいの認識の人が多くなってしまった。だからこそ、マスコミがしっかり伝えてほしいのです。親に自分の身に起こったことを報告できない三歳未満児の発達に、良くない保育士と過ごす一日がいかに決定的か。たった数時間の心ない扱いが、子どもの一生の心の傷になって残る可能性があることを繰り返し書いてほしい。少なくとも、そういう保育士を排除できない状況に園長たちが国によって追い込まれているという警鐘を鳴らし続けてほしい。

親たちの自覚がなければ政府と経済界主導の保育崩壊は止まりません。すでに、システム論や親の権利などを論じている状況ではないのです。

 

提言を依頼されて書いた衆議院調査局発行の「論究 第16号 2019.12」にこう書きました。

(共励保育園・こども園の長田安司理事長のツイートから)

「本年度の入園説明会が終了した。0歳児保育を希望する人が34名もいた。そこで、0歳から6歳までの発達の特徴 と、0、1、2歳児における母子関係の大切さを説明した。 世の中0歳児から預けようとする風潮が広がっているけど、それは間違いですと伝え、なぜ育休を取らないのか?と訴えた。 説明会終了時、拍手が起きたのには驚いた。夫婦が寄ってきて『説明会を聞いて本当に良かった!』と感謝された。その目には、自分で育てようとする意思がはっきりと見て取れた。」

拍手が起こった。そこに希望がある。きちんと説明すれば親は「この時期の大切さ」を理解する。この国の素晴らしさ、土壌だと思う。幼児と暮らしている人間は、自分を知ろうと、感性が開いている。遺伝子学の権威村上和雄教授は「命の暗号」という本の中で、 利他の気持ち、乳児を抱くことが人間の遺伝子をオンにすると書く。

(以下も、「論究」からの抜粋です。全文は、衆議院のホームページで読むことができます。)

乳幼児期における特定の人間との愛着関係(個別的継続的な養育者との関係)の大切さは、国連の子どもの権利条約にも「権利」として書かれている。母子関係の重要性と、その欠如が子供の将来の行動に及ぼす影響に関しては、60年代70年代にイギリスの児童精神分析学者ボウルビーの「愛着理論」や精神分析学者フロイト、「アイデンティティー」の研究で知られる発達心理学者エリック・エリクソンの論文にも繰り返し書かれている。世界の標準認識と言ってもよい。

 (エリクソンは、乳児期に「世界は信じることができるか?」という疑問に答えるのが母親であり、体験としての授乳があるという。欠けることで将来起こりうる病理として、精神病、うつ病を指摘する。)

 以下は、文科省が2005年に出した「情動」に関する検討会の報告書からの抜粋。

(資料6) 情動の科学的解明と教育等への応用に関する検討会報告書()

 情動の形成は、生まれてから5 歳くらいまでにその原型が形成されるとする知見がある。また、1 ~3 歳の時の記憶・感情は普段は忘れているが、脳の中には残っていて、ある引き金が引かれると動き出すという説もある。

 適切な情動の発達については、3 歳くらいまでに母親をはじめとした家族からの愛情を受け、安定した情緒を育て、その上に発展させていくことが望ましいと思われる。生まれてから5歳までの情動の基盤を育てるための取組は大変重要であり、その後の取戻しは不可能ではないが、年齢とともにより困難になると思われる。

 また、最近の脳研究によると、ヒトは過去の体験によって脳の各領域の発達度合いが異なってくると想定されるが、このことは、子どもの心の問題については、特に乳幼児・学童期の経験が重要であること、そして、学校教育についてみるならば、特に小学校までの教育が重要であることを示していると考えられる。

(ここまで「論究」からの抜粋です。)

images-1

「子どもの権利条約」で特定の養育者との愛着関係が乳幼児の「権利」として書かれ、文科省がその重要性について報告していることが、「短時間勤務の保育士の活躍促進」という偽善的で誤魔化しとも思われる言葉によって無視されていく。

10年前に保育の質を下げる様々な規制緩和が始まった頃、役場の保育課の人が、「おおむねで始まって、望ましいで終わるような条例で子どもを守ることはできません」と、講演会のあと私に言ったのです。現場では政府による規制緩和以前に、すでに形は崩れ始めていた。子どもの命に関わることでありながら罰則規定が曖昧で、待機児童がいる自治体が規則違反で保育施設を閉園にすることはほぼあり得なかった。そして、首長選挙で「待機児童解消」は票を獲得するための決まり事のように叫ばれていた。(http://www.luci.jp/diary2/?p=2276  :保育界の現実……森友学園問題)

 

もう一つの問題は、政府にアドバイスするはずの「専門家」たちが声を上げないこと。

ひょっとするとこの方針を作ったのは、この保育の「専門家」たちかもしれない。「子ども・子育て会議」で11時間保育を「標準」と名付けたのですから、やりかねない。待機児童をなくすといえば何でも通ると思っている。こうした乱暴な雇用確保のための労働施策を「一億総活躍」「女性が輝く」と言って現場に押し付ければ、保育という仕事に昔ほどやりがいを感じない、長続きしない、パート希望の若者が増えてもおかしくないでしょう。このどんぶり勘定のような「待機児童対策」「保育のビジネス化」が実はめぐりめぐって子育てのイメージを崩し、質を落とし、「少子化」に拍車をかけているのですから本末転倒というより滑稽でさえあります。

少子化ですから、待機児童はいずれ無くなります。しかし、その前に起こる生き残りをかけた市場競争によって保育界はすっかり様変わりしてしまうように思えるのです。

マスコミが、もっと強い警鐘を鳴らさないことが不思議でなりません。政府が、「活躍」とか「輝く」とか「安心」という言葉を使ったら、まず背後に隠された意図があると思っていい。当座の労働力を確保しようという作為がある。だからこそ思い出さなければいけない。待機児童の中身である三歳未満児は、親から11時間離れることを「待っている」人たちではないということを。その時期の脳の発達を考えれば、彼らが過ごすやり直しのきかない日常が私たちの未来を決定づけているということを。彼らをどう「扱うか」が、国の「将来」そのものなのだという現実をもっともっと切実に報道して欲しいのです。

保育という仕組みを利用しているようで、実は、みな利用されているのです。

(あまり目立ちませんがこの施策に反対する報道もあって、これは「保育園を考える親の会」代表の普光院さんの書いた文章です。https://toyokeizai.net/articles/-/405631 :『保育士「全員パート化」容認が招く現場の疲弊』政府は「保育士不足解消」の一手としているが…。

保育に関してこれほど長く発言してきた人の意見を政府は政策を閣議決定する前に聴かなかったのでしょうか。聴かなかったのであれば、それ自体が問題で、聴いて無視したのであれば、子どもたちに対する裏切りです。)

人間社会において乳幼児は絶対な存在で、彼らは大切な役割りを果たしてきたということ、それを理解することがいま起こっている混沌を鎮める鍵なのです。子育ては、人間が子どもたち、特に幼児たちによって自分の人間性を照らされ、親らしくしてもらうプロセスであって、この「親らしく」が「人間らしく」の基本にあったわけです。その時生まれる「利他」の心が、社会におけるモラルと秩序の土台になっていた。仏教的に言えば、自分自身と向き合う機会を回避すると真の安心は得られない、ということ。

親子という選択肢のない関係を受け入れるゆとりが、夫婦や社会の自然な育ちあいを生み、寄り添うことを覚えた集団の行為が連鎖して、いつか地球の向こう側の紛争をなくすのかもしれません。

専門家か神社のお守りか、学問か祈りか、条例か子守唄か、資格か人間性か、私たちは不思議な選択を迫られています。選択肢はないにも関わらず……。

(最近のニュース報道でもお分かりかと思いますが、アメリカの民主主義は、選挙権とか人権という面で見ても実質55年の歴史しかなく、まだまだ中身が整っていない、形でしかないのです。1月6日の連邦議会への暴徒乱入(ほとんどが白人)、その後の民主党対共和党の議席をめぐる争い、罵り合いを見ていると、中身が固まってくる前に壊されようとしている立憲民主主義のもろさを感じます。異論はあっても、一応民主主義の象徴のように言われてきた国における人種や階層の分断が、いかに簡単に暴力に向かうか、私も実際に有色人種として差別を体験してきただけに、改めて最近の分断の凄まじさについて考えさせられるのです。根底で何が崩れていたのか検証する時が来ています。

自称愛国者による連邦議会への乱入、その後も続く警察官やシェリフによるヘイトクライムと言ってもよいような人権侵害を見ていると、人間の欲望が、「自由」という言葉を権利ではなく「利権」と重ねていった構造がよくわかります。ジェンダー(性差)という男女間の調和のために与えられた個性さえ、男女が闘うための道具に利用され、そこで生まれる不信感が根元的な分断を進めている。

学校「教育」も、実は形だけのものでしかなく、経済競争における道具や武器を子どもたちに手渡すことはできたとしても、民主主義の概念や憲法上の「平等」という趣旨さえ伝えきれていなかった。

所詮、資本主義社会のエネルギーは「平等」を目指すこととは相反するものですが、高等教育の普及とともに格差はますます広がり、今では全人口の1%が9割の富を握っているというのです。彼らの言う「平等」は「機会の平等」であって強者が勝つための免罪符でしかない。経済競争の助長と子育ての社会化が不信感と恐怖を生んでいる。その結果が、ここ五十年間に一気に進んだ家庭崩壊なのです。それに伴う児童虐待、DV、ヘイトクライムの広がりを見ていると、言葉(理念)に操られる危険性を感じるのです。)

「短時間勤務の保育士の活躍促進」、こうした「強者優先」の市場原理を進める言葉に騙されてはいけない。受け入れてはいけない。欧米も、コロナ禍の中、「怒りの矛先」の誘導ではもうどうにもならない「理念の空洞化」に気づいています。政治家たちは、争いへの誘導、扇動をやめ、人々の「怒りを鎮めること」を考えなければならない時なのです。この時期を逸してはならない。

誰が人間の心を鎮めるのか、それを考えることに新たな出発点があるのです。

遊んでいる幼児たちを眺めること。あの姿に憧れるのがいい。あの姿を守るために存在するのが一番自然で、簡単で、いい。

彼らの喜びがなぜあれほど本物なのか、なぜ夢中になれるのか、損得勘定を横に置いて、そのあたりを素直に、じっと考えることから気持ちを整えていくしかない。幼児たちが社会の一員として常に視界に入っていれば、民主主義は機能すると私は思っています。

幼児のいる風景の中で、人生を楽しむ。歌い、踊り、食べ、祝う、そんな日常が民主主義の土台であって、教育活動や福祉の主軸だととらえ、保育園、幼稚園、学校の中でだけでも保護者と一緒に0、1、2歳児と過ごす原体験を繰り返していれば、たぶん大丈夫なのだと思います。

(以前私が作ったドキュメンタリー映画の部分映像がユーチューブに載っています。そこに出てくるインドの風景に様々なヒントがある。インド人の修道女との会話があるのですが、輪になって踊ること、それが人生を豊かにする、と教わりました。調和しようとする人間の心の動きが見えてくると、やはりそこには善性が社会の土台を作る「働き」があって、希望が湧いてきます。ぜひ、このアドレスからご覧になってみてください。

シャクティの映像から抜粋~考えたこと/解説

ヒューストン国際映画祭の長編ドキュメンタリー部門で金賞を受賞しました。)

IAMのライブ配信演奏に参加します。京都からです。

IAMのライブ配信演奏に参加します。京都からです。

thumbnail

https://www.ragnet.co.jp/livespot/25323が申し込みページです。

コロナ禍で、世界中でミュージシャンが演奏する機会を失ってしまい、どうしよう、どうしよう、という感じです。何しろ集まってはいけないのですから、こんなことが起こるんだ、と思いつつ試行錯誤をしています。インターネットが普及して、しかもその画質音質がとても良くなり、最近ライブ配信という手段も使われるようになりました。

今回は、私にとって初めてのライブ配信、京都からのIAMの特別ライブに参加します。同じ会場で前日にやるSayaさんのライブにも参加します。https://www.ragnet.co.jp/livespot/25322

 

images

最近、ユーチューブで色んな音楽に触れる機会が増えました。検索すると、昔一緒に演奏した人たちの映像がたくさん出てくるのです。以前、自分が演奏した音楽と30年ぶりに再会したりできるのです。ライ・クーダーとやったSouthern Comfortという映画のサウンドトラック、音楽全体で30分くらいしかなかったため一度もCDやLPにならなかったのですが、検索したら出てきました。

ザキル・フセインというタブラ奏者がいるのです。

タブラはインドの太鼓。私が彼の演奏を初めて見たのは46年前、インドのデリーで、シタール奏者のビラヤト・カーンとのセッションでした。個人的にはシタールではニキル・ベネジーが好きで、もうずっと前に亡くなっているのですが、ザキルとの演奏映像がありました。そしてビスミラカーンというシャナイ奏者が好きです。カルカッタに居た時コンサートのハシゴをしていました。

インド音楽は即興演奏が主体ですから、タブラ奏者が誰になるかで随分グルーブ感が変わります。その頃は、サンタプラシッド、カナイダッタ、ザキル・フセインが三者三様で、面白く、のちに私がセッションをしたドラマーで言えば、ビンス・カリユタ、ジョン・ロビンソン、ジェフ・ポルカロの違いのような感じ。

人間には持って生まれたグルーブ感があって、お互いに影響し、お互いの音色を醸し出し合うのでしょう。今回京都で一緒にやるIAMもそのいい例です。尺八とディジュリドゥ、そしてピアノとパーカッション、楽器自体が三者三様の歴史を持っていて、人類のたどった異なる道筋がインターネット上で重なり合います。

インドの本式のコンサートは夕方に始まり、翌朝終わったりして、その場合、深夜と夜明け前に真打ちが登場します。その時間帯に、いいラーガ(音階:月のラーガ、夜明けのラーガなど)があるからです。2千人くらいいた観客も明け方にはすっかり減ってもう三割くらいしか残っていません。それで構わないのです。人間が大自然(神)と交わした取り決め、約束を守っている。

過去の約束や束縛に捉われなければ、もっとたくさんの人たちに聞いてもらえるし切符もたくさん売れたかもしれない。いえいえ、合理的とか自由とか言って、損得勘定で物事を考えてはいけないのです。

美しさは、度々最初の約束事の中に存在するのです。

インドで色々あたりを見回していた私はその頃二十歳、ザキルも同い年くらいだったでしょう。舞台と観客席に分かれていましたが不思議な出会いでした。10年後に彼の父親アララカとシタール奏者のラビ・シャンカルのコンサートで共演することになるのですが、当時は知る由もなく、ただただ彼の手の動きとそのリズム感の確かさに魅了されていたのです。その後、ラビジのコンサートでザキルとも共演しました。ジョージ・ハリソンがプロデュースしたラビ・シャンカルの全集にその音源が残っています。

モーリス・ジャール(ドクトルジバゴ、アラビアのロレンス、インドへの道ほか)の作曲で、「ジェイコブズラダー」というマニアックで伝説的なSF映画でもザキルと共演しました。ザキルのタブラ、バイオリンのL.シャンカルとブルガリアンコワイア、そして私の尺八という時空を超えた不思議な組み合わせでした。

ザキルはその絶対的な才能で不思議な糸を繋いでいきます。様々な分野の人たちとのセッションがユーチューブに載っているのですが、リズム、鼓動こそが生きる力で、それは常に鳴っているということがよくわかります。そうしたセッションの一つに、ダファー・ユセフというウードゥ奏者とのコンサートがあって、リンクを下記に張りましたので、よろしければ時間がたっぷりある時に聴いてみてください。(時間がたっぷりある時に……。)

人間は四歳の時の自分を手離してはいけない、そんな風景です。言葉を発しないコミュニケーションによってもう一つの次元を織り成す人間の魂が常に存在し、「絆」はこの次元で私たち自身が創造し続けている。そんな感じです。IAMでもそんな風景をつくりたいと思っています。

Dhafer Youssef, Ustad Zakir Hussain, Husnu Senlendirici – Sounds Of Mirrors Live:

https://www.youtube.com/watch?v=4Elh8WytKfA

「もっと保育の質について報道してほしい」

image s

東京23区の公立園の保育士の四割がすでに非正規雇用で、これで質が保てるのかという報道がされています。質より量で、盛んに新しい保育園が造られているときに、保育の質が問われるのはいいこと。色々問題が起こってからやっと、という感じですが、実は、全国で考えれば、すでに10年以上前から公立園の保育士の六割が非正規という状況なのです。正規雇用が地方公務員となる公立園は私立保育園とは仕組み的に異なります。慢性的な高齢化と過疎化の流れの中で、財政削減の手段として公立保育士の非正規雇用化と公立保育園の民営化がずっと続いてきたのです。質の低下、保育に対する意識の変化の根っこになっていると私が指摘し続けている「保育は成長産業」という閣議決定の裏側にあるのが、この財政削減と公務員減らしです。(http://www.luci.jp/diary2/?p=108:男女共同参画社会)

10年前にすでに、財政状況が悪い自治体では公立保育士の九割が非正規雇用という市がありました。講演後に市長と会談する機会があってそれを指摘すると、市長が驚いて同席した福祉部長に尋ねるという場面がありました。その市長が当選する前からすでにそういう状況だったのです。保育にしっかり取り組まないとその負担が学校に来ますという私の指摘を市長は理解しました。横で教育長が一生懸命に頷いていました。保育の重要性やその役割を理解している市長がいるところでは、逆に九割が正規(地方公務員)という市もありました。この異様とも思える自治体による格差自体が国の保育施策に対する考えの甘さ、幼児たちの育ちを軽んじる経済優先の傾向を表しています。

東京23区は財源が豊かなため、よほど変な区長が選ばれない限り以前は正規雇用がほとんどでした。それが保育士不足や規制緩和、保護者の意識の変化や保育士の質の低下で崩れてきて、今、やっと問題視されているわけです。

10年前に、保育雑誌に書いた文章です。

images-1

 

親子も、保育士もう役人も、施策に追いつめられている

 

どこの町へ行っても保育士が不足しています。いい役人も、いい保育士も、いい園長も、子どもたちも、親たちも、雇用労働施策とそれにともなう変化に追いつめられています。毎週、保育士たちに会い、悲しそうな役人たちの顔を見、私なりに励まし続けるのですが仕組み自体がもう危ない。

これから書くことは、警告のための最悪のシナリオ、と考えてもらっても構いません。進み方に違いはあっても、どの市町村でも起こっていること、と捉えてもらっても構いません。

公立の保育園で、財政削減を目標に保育士の非正規雇用化が進み、現在6割が非正規雇用、時給八百五十円から都市部では千円くらいの賃金で働いています。正規雇用の人との賃金格差は仕事の内容がほぼ同じであるにもかかわらず、三分の一、四分の一ということになり不満がたまっても仕方ないと思います。

非正規雇用という仕組みの、雇う側にとってのメリットの一つとして、保育士であるべきでない人を雇ってしまった場合、6ヶ月または1年ごとの雇用の更新をしなければいい、ということがあります。雇い止めを恐れてちゃんと仕事をしよう、という気になることである程度の質が保てるわけです。

保育は「子育て」という信頼関係に関わる仕事ですから、こういう脅し脅される関係の中で行われることはすでにおかしいのですが、子育てを「仕事」(賃金労働)の枠組みのなかに入れようとすると、こういう経済的打算と権利と利権の駆け引きを土台にした関係が生まれます。それを「雇用関係」というのかもしれません。しかし、人間は経済を信頼関係の基盤にしていると、いつかその脆さ、危うさに気づくことになります。

雇用関係というある種の駆け引きの中で、市がハローワークに非正規の保育士の求人を出しても応募が来ないという状況が全国的に広まっています。それを非正規雇用の「良くない保育士」が見ていると、「どうせ辞めさせることは出来ない」という意識が広がります。雇い主の足元を見るのです。

「良くない保育士」の定義には色々ありますが、とりあえず「子どもが怖がる、一緒にいることを嫌がる保育士」と、考えて下さい。多いわけではないのですが、います。保育士たちの名誉のために言っておきますが、毎週私がどこかの市町村で、ある意味保育士にも耳が痛い話をしに呼ばれるのですから、大多数の保育士たちが第一に子どもの幸せを願い、自分たちの心構えでなんとかしようと頑張っています。本当に感謝です。

「子どもが怖がる保育士」は、気に入らない親の子につらく当たります。ある日、一人のお母さんが保育園に子どもを迎えに行くと、その保育士が寒空の下、泣いている我が子を抱いて待っています。

「泣くんで、外へ出てあやしているんですよ」とその保育士が笑顔で言います。

「泣いているのは、あんたが抱いているからでしょう!」とお母さんは心の中で叫びます。

でも、誰もこの保育士を辞めさせることはできない。子どもから引き離すことは出来ない。(実は出来るのですが、お母さんはそれを忘れている。自分で育てればいいのです。日本という世界一豊かな国で、その方法は必ず見つかります。実は、その方法を見つけることが社会に絆と信頼関係を生み出します。)

お母さんは知っています。子どもがその保育士の名を呼びながら夜怖がってうなされるからです。園長先生にも苦情を言いました。

園長先生は役場に言いました。役場の人も困っています。保育士を辞めさせれば、預かる子どもの数を減らすしかない。役場が、待機児童を増やしてでも「良くない保育士」を排除する決意をすればいい。私は、それを薦めます。でも役場の人は苦笑して答えません。体を張って、それこそキャリアをかけてでも主張しないと状況は変わらない。しかしもし一時的に改善されたとしても、その人が異動になったらそれでおしまい。対象が正規雇用の保育士だったら、一度採用すると簡単に解雇はできません。児童館や他の部署に配置換えしても、これを俗に「埋める」というのですが、市長は「待機児童をなくせ」と役人たちに繰り返し言い続けます。「待機児童をなくします」と選挙の度に宣伝カーで宣言しているような市長ですから、資格を持っているなら保育園に配置しろ、と平気でいうのです。

園長・主任がその役割を果たそうとしても、保育の質を保てない。

「良くない保育士」は研修会にも出ません。自分を解雇できないことがわかっているからです。非正規の場合、なんで同じ仕事をしているのに、こんなに賃金格差があるのか、と不満がたまっています。その怒りの態度が園長・主任たちに向けられ、子どもにも向けられます。

やがて園長・主任の気持ちが萎えてゆく。そして、自分たちが、子どもたちをこんな状況に追い込んでいることに耐えられなくなって、医者へ行き向精神薬を呑み始める。そして、登園拒否。(になる場合も稀にあります。励ましに行ったりします。)

無理に自分の感性を押さえて生きようとする場合もあります。しかし、幼児という「頼りきって、信じきって、幸せそう」でいることを天命としている人たちの目にさらされていると、人間は精神的に追い込まれていきます。定年を前に辞めてしまう人もいます。

「良くない園長・主任」も時々居ます。心のバランスを力関係に求めようとする。役場が保育士を見つけられないので、自分が捜して来た保育士でまわりを固めて、派閥をつくり、園長や役人をいじめたりします。

職場で起こっているよくない連鎖を感じるのか、大学や専門学校の保育科が定員割れをおこしています。入学金と授業料さえ払えば、「入れてはいけない学生」も入学させ、「保育士になってはいけない学生」も卒業させ、国家資格を与えます。そんなことをしていると大学の先生たちの心が荒んできてしまう。

こうした状況全体に、軽度の発達障害の問題が加わってくる。

親も子どもも、保育士も園長も大学の教授も、政治家も、必ず軽度の発達障害を持っています。人間は全員軽度の発達障害で、それを「命」とか「個性」と呼ぶ。子育てをめぐる人間関係が殺伐としてくると、軽度の発達障害、つまり「個性」が負の問題になって現れる。お互いの欠陥を補完し合う人間関係のパズルを組むたの「個性」が、人間同士の摩擦と軋轢の原因となり、犯罪やいじめ、不登校やひきこもり、ストーカーや無責任な政治家などを増やしてしまう。

発達障害者が普通にパズルの一員として暮らせることが、社会に絆があるかどうかのバロメーターです。

0、1、2歳という発達障害+知的障害的な人間たちとみんなが数年間つきあうことによって、しかも幸せにつきあうことによって、人間たちはおたがいの役割を見定め、理解しようとし、社会というパズルを組んできた。

すべての人間がパズルの一部で、一つ一つの命に意味がある。それを全体で理解しながら人類は進化してきたのです。

だからこそ、「絆」が最高の幸福のものさしでなければいけない。

子どもが育ってゆく現場で、政府が、親子の絆が薄くなるような仕組みをつくり薦めておいて、愛国心も道徳教育もないでしょう。

ーーーーーーーーー

10年前にこの文章を書いたころ地方にいた「いい役人」たちのほとんどが定年になり退職しています。役場の中で、子どもを優先する視点の伝承が行われたことを祈るばかりです。市長、福祉部長、教育長、そして現場の園長・保育士たちに一体感があると、ずいぶんその市の雰囲気が変わるものです。幼児たちを見つめる「目線」が人間たちの絆を、温かく、確かなものにするのです。

ここに書いたワーストシナリオは、実はどこでも起こりうるシナリオでもありました。これをなんとかして食い止めないと、この国の子どもたちの安心と安全を保つことはできません。子どもを育てる時間の大切さをもう一度政治家たちが意識しない限り、または保育界が「保育は産業ではない、子育てです」と言い切らない限り、ワーストシナリオは幼児の体験として未来に影響し続ける。

もう一つ方法があります。マスコミがもっと子どもたちの立場になって、その安全を第一に考えて報道することです。弱者を優先することで人間はもっと輝く、という視点になることです。

images-11

(http://www.luci.jp/diary2/?p=1400;「嫌なら転園しろ」・保育士のメイド化・保育者と親たちとの間に、「一緒に子どもを育てている」という感覚を忘れたように、溝が広がっていきます。)

両界曼荼羅

K君のこと/両界曼荼羅

以前、こんな文章を書きました。

車で2時間ほど走って、ある公立保育園に講演に行きました。お父さん2人お母さん20人くらいに話をして、「保育士体験を始めて下さい、それを園の伝統にして下さい」とお願いし、その後、お昼に給食を食べました。

園長先生が用意してくれた私の席は、軽度の知的障害を持っているK君と、自閉症のR君、そしてR君のお母さんと四人で食べる席でした。

K君は、園についた時から私にくっついていました。

K君はほとんど職員室に住んでいて、主に園長先生が見ています。私を園に迎えてくれたのも園長先生とK君でした。お母さんがあまり園に寄り付かず、園に預かってもらえるかぎり預けていました。園長先生が薦めてくれたのですが、講演会にも現れませんでした。でも、R君のお母さんが、K君とK君のお母さんの世話を色々やいてくれるそうです。

二人とも来年学校へ行くので、色々しらべて、特別支援学校に二人で行こう、とK君のお母さんを誘っているそうです。

保育園が助け合う絆を育てていました。

K君と過ごす、お昼を一緒に食べる。

ほんの1時間くらいだったのですが、私が10歳くらいから色々身に付けてきた世渡りの術はK君には役に立ちません。私の本質しか見られていないような気分です。磨いてきた技術ではどうにもならない、裸にされたような感覚。

園長先生はこの時間を私に過ごさせたかったんだな、と思いました。

そのあと東京に戻り、自民党のK代議士の「励ます会」に行きました。年に一度くらいですが、こういう会の招待状をもらいます。四期目のK代議士には内心期待しているので、都内のホテルへそのまま行きました。元総理大臣、元防衛大臣二人、いつもテレビで見る方々が次々に面白おかしく挨拶をしました。会場は、ほとんど背広にネクタイ姿の男たちで埋まっていて熱気が立ち上っています。知り合いの代議士の方も数名いました。

テレビのカメラが来ていました。問題発言でも起きないかねらっていたのでしょう。

立食の食べ物をおいしく食べていると、司会をしていたK代議士の親友の熊本のK代議士が、わざわざ私を探しに来てくれて、友人という香川の代議士を紹介してくれました。

両界曼荼羅。K君がK代議士を照らす時が来るはずです。

すべて双方向への関係です。私に反射した関係であっても、K君はきっとみんなを照らすはずなのです。

数年が過ぎて、自分で書いた文章を読みながら考えるのです。

この先、どうなっていくのか。希望を捨てるわけにはいきません。まだまだ、可能性はあるはずです。

毎年、赤ん坊が生まれてくるかぎり、だいじょうぶなのです。

そして、あの時、園長先生が私のために用意した席のことをもう一度意識し直してみるのです。
images-2

もう一つ、不思議な次元が交錯する席に座らされたことがあります。

ベーシストのラリーから電話がかかってきて、奥さんのジョニのアルバム(Dog eat Dog)で尺八を吹いてくれ、と頼まれた時です。ジョニ・ミッチェルは、大地と上空を舞う魂から音を選び、言葉を発信する詩人であり、歌い手です。チャネラーなのでしょうね。炭鉱の中のカナリアかもしれない(ジョニ)。インターネット上のユーチューブで、その時私が重ねた音がまだ鳴っているのです。「エチオピア」という曲ですが、あれからますます亀裂が深まってきているように思える。

誰かがつけた映像でしょう。たくさんの子どもたちの顔と共に、人間の様々な思いが意思となって交錯します。ミステリーが形となり、提示される。せっかくバーチャルな空間で意志がなり続けているのに、このままでは、ミステリー自体が意味を失ってしまう。

 

ETHIOPIA Joni Mitchell  

https://www.youtube.com/watch?v=Tp4xv8S0jYk

 

ジョニが多くのアーティストたちに影響を及ぼし、それだけではなく親身な存在として慕われるのは、天から降ってきたような人だからです。ボブ・ディランと双璧と言われることもあるのですが、ディランとは次元の違う、宇宙からの贈り物のような存在、要素なのです。ディランの主張より、はるかに不思議で根源的です。贈り物を「生かし」たのは人間たちで、だから自分たちの魂を祝える、そんな感じがいいのだと思います。

エルトン・ジョンが崇拝している、と言い、チャカ・カーンが命を救われたと言う。

一人では生きられないジョニ。それがなお人々を嬉しくする。描いた絵を見ていると、ゴッホに似ている。
images-6

人間は、幼児をどう見てきたか

「幼な児(おさなご)のような心にならねば、天国には入れない」

「幼な児(おさなご)を受け入れることは、神を受け入れること」

そして、「裕福なものが天国に入るのは、とても難しい」

どれもイエスの言葉だと言われています。

天から授かった幼児たちが人間たちを導く、宗教はだいたいそんなことを言います。

二行目は、もっと端的に「幼児の存在意義」を表します。この思いと認識で、人間社会は成り立つはず。そして人類は存続し、進化してきた。

三つ目は「貧しきものは幸いなれ」という言葉でも表されます。

聖書の言葉を2000年くらい、生きる指針にしてきた人たちがたくさんいて、今も世界中にいる。経済競争を薦め、豊かになることを目標と決める経済学者たちは「神話に過ぎない」と言うかもしれません。三歳児神話は神話に過ぎないと、以前誰かが言ったみたいに。しかし、神話であってもことわざであっても、そこに幸せになるための、人間が世代を越えて絆をつないで行ける「鍵」が存在するから、多くの人たちが伝承し、そうした言葉を生きるよりどころにしてここまで来たのです。

 脳の発達を考えれば、3歳未満児は何を教えられたかより、どう扱われたかが人生を決める。丁寧に『可愛がる』が基本。保育士の人間性がより問われてくる。保育士不足で、現場が保育士を人間性で選ぶことができなくなっている。政府が幼児の「扱いかた」をわかっていないからこういうことになる。

(という私のツイートに)

 心にささりました。資格持ってるだけでいいので、是非うちの園に来て下さい状態です。発達障害が疑われる職員でさえ、是非!と受け入れなければ、保育士が足りません…。

(という現場からの返信。)

 

 

images-12

小一プロブレムや学級崩壊の広がりに端を発し、12年前にスタートした就学前の発達障害児の早期発見施策は机上の論理で現場が混乱させられる典型でした。保育士不足の現実を知らなかったのか、すぐに露わになった加配の限界と「専門家」の力不足、人員不足が現場に新たな問題を引き起こしました。

専門家に見せたがる親、見せたがらない親、子育てに対する意識が微妙に変化し、「加配」という数の論理に現場の実情(ニーズ)が加わって、小さな亀裂、分断があちこちで始まりました。それに個人情報保護法や不信感を助長する権利意識と損得勘定が重なった。走り出した市場を回すための乱暴な規制緩和も追い打ちをかけました。

人間を仕分けすることばかりが先走り、その先が見えていない。仕分けでは解決策にならないのに、一緒に「子育て」している保育士や園長先生たちが少しずつ「子育て」に口を挟めなくなっていきました。(これがいかにこの国にとって損失だったか、損得勘定で考えてもかるはず。もし、この段階で親たちが親身な相談相手をつくっていれば、その先にある「子どもの貧困」「虐待」「引きこもり」「犯罪」などがかなりの割合で止められたはずです。)

その子を直接知らない「専門家」の介入がきっかけになり、昔気質の園長が「あなたの子ですよ」と、時に強く、心を込めて親たちに言えなくなっていった。子どもに寄り添うのではなく、分析し、仕分けしようとすることで子育ての主体が誰なのかが曖昧になり、子どもたちの不安が増していった。

誰も、真剣につき合ってくれない……。誰を愛せばいいのかわからない。まわりを信じることができない。

炭鉱の中のカナリアが泣いていても、その声がとどかない。

誰かが「こころのケアなんて言葉は薄っぺらで、傲慢なんだよ!」と吐き捨てるように私に言いました。「一番大切なものの定義が揺らいでいるだけじゃないか」

たとえ「心のケア」の動機が良いものでも、「ケアしてくれるべきなのだ」という権利意識が広がれば、それは生きる力の妨げになります。不安を煽るばかりで、やがて「保育園落ちた、日本死ね!」というような言葉が正論であるかのように国会で取り上げられるようになる。すると現場に必要な調和が一気に遠ざかっていく。誰も、「保育園落ちた、万歳」と言っているかもしれない、まだ言葉にならない「小さな声」に耳を傾けようとしない。

専門家の薦めと、親の要望で、行動や発達に問題のある幼児、いわゆる「手のかかる子」に薬を与えておとなしくさせるケースが現れると、絆のネットワークはいよいよ形骸化していきます。意識のレベルがますます噛み合わなくなるのです。

子どもが初めて体験する社会(保育園、幼稚園)で信頼関係が崩壊し始めている。それが保育士による園児虐待という状況にまでつながっている。(http://www.luci.jp/diary2/?p=2591:幼児を守ろうとしない国の施策。ネット上に現れる保育現場の現実。)

(http://www.luci.jp/diary2/?p=2801:衆議院内閣委員会:国会議員用レジュメ「保育の無償化について」)

images

前回、手のかかる子どもの魂を「抱っこ」で鎮めようとしていた保育士が、薬を処方された子どもにある日突然「抱っこはもういい」と言われて涙する話を書きました。

そのとき私に、その保育士を育てた園長先生の悲しみが伝わってきました。抱っこはもういい、という言葉の陰で失われていく「大切な伝承」が見えたのです。

子どもや親たち一人一人を観察する余裕もなく、その体制もできてない「専門家」が、役割を果たして薬を処方する。この新たな道筋の欠陥は、専門家たちに、子どもたちと一番長く時間を過ごしている保育士たちの存在が見えていないことなのです

薬物が必ずしも悪いわけではないのでしょう。ここまで絆が希薄化してくると、専門家でもいいから相談相手なってくれた方がいいのかもしれない。しかし、学問をベースにした専門家が増えることで絆が希薄化してくることの方がはるかに怖い。学問は、すでに資格ビジネスと一体化している。

以前、ある厚労大臣が、「子育ては、専門家に任せておけばいいのよ」と言ったのを思い出します。この人の言っている「子育て」は保育士たちがやる保育ではなく「仕組み」がやる保育です。そして、その仕組みは利権がらみ、選挙がらみの「仕組み」なのです。

子育ては、その場限りの「対策」ではない。

カウンセリングもそうですが、寄り添った観察と、心を合わせておろおろする「心情」が伴わないと、相談相手としてはあまり意味がない。子育ては人間の心を重ねることが本来であって、お互いを知らない人たちが知識や技術に基づいて分業でやるものではない。役割分担ではあるのだけれど、心が一つになっていなければ「役割分担」の意味がない。

絶対に避けられない「性的役割分担」の象徴が「子育て」です。そこに人間たちが心を一つにする意味がある。そのことを、素直に、考える時がきています。

(ネイティブ・アメリカンの言葉:「隣人を判断するなら、その人の靴(モカシン)を二ヶ月履いてからにしなさい」)

i mages-9

ーーーーーーーーーーーーーーーー

小学生の10人に一人が学校のカウンセラーに薦められ薬物を飲んでいるというアメリカ社会。その構造に関して時々マスコミで取り上げられることはあっても、大統領選挙の争点になることはもはやありません。薬物で画一教育を可能にし教師の精神的健康を維持しようとする。ここまで進むと流れを止めるのが非常に難しくなってしまう。

画一教育を可能にする条件を整えるのは本来親たちの役割でした。その責任を果たそうとすることで親たちが成長し、感謝の気持ちが表明される。それが「義務」教育を存続させるための大切なルールだったのです。

誰が責任を果たすか、ではなく、誰が責任を果たそうとするかで流れは定まってくる。それが人間社会の仕来たりです。

しかし、4割の子どもが未婚の母から生まれ、18歳になるまでに40%が親の離婚を体験するという土壌では、親子が育ち合う環境を耕し直そうとしても手段が限定されてしまいます。男女平等論を叫んでも、父子家庭より母子家庭の方が絶対的に多い。構造的に、男たちが父親として育つ体験が減っている。突然の、激減といってもいい。(地球温暖化に似ている。)自業自得と言えばそれまでですが、これは人類未体験の異常な状況なのです。

並行して「祖父母心」が育つ機会が失われ、その欠如が進みます。

孫が生まれたことを知りようのない(特に父方の)祖父母たち、自分の父親や祖父母が亡くなったことさえ知らない子どもや孫が普通に存在するようになる。それが意識の中で当たり前になる。

これは決して進歩でもなければ、発展や成熟でもない。

私たちは、いまテクノロジーの進歩によって自分たちの何が退化していくのか見極めなければいけない。機会を逸すると存在が危うくなる局面にきています。

「祖父母の心」には親心とは一味違う働きと、調和を生み出す作用がありました。

人生の終わりに近づき、「そろそろいい人になりたい」という潜在的な目的意識が、幼児(孫)の本来の役割とうまく合致し、それを際立たせてきたのです。祖父母が幼児を可愛がる姿が人間の生きる目標になり、幸せへの手本になっていた。

先進国社会で、「幼児を可愛がる」ことの欠如が人間の精神の不安定化を招いています。文化人類学的に考えれは、薬物と司法に依存する社会が生まれる要因に「祖父母心」の急激な減少があると言ってもいい。よく、考えてみてください。地球上に祖父母のいない人間は存在しないのです。すなわち祖父母の役割が社会には必要なのです。過去だけではなく、未来にも。高等教育を一つのテクノロジーとして捉えれば、それが広まって「機会の均等」などと言い出すと、反比例して最も大切なものが育つ「機会」が失われていく。高等教育がモラルと秩序の優先順位を間違えてとらえている。政府の「新しい経済政策パッケージ」を読むとよくわかります。そして、その結果は、様々な現象に現れています。

アメリカで、学校のカウンセラーが薦める薬物が、将来、麻薬中毒やアルコール中毒につながるという研究がすでにされ、学校における薬物使用の背後に製薬会社の利権がある、とさえ言われて30年。当時私がこうした問題について書き始めた頃すでに分析はそこまで終わり、報道もされていたのです。

アメリカでは、毎年5万人が薬物の過剰摂取で命を落とします。その年だけのことではない、続いていく数字です。十年間で50万人となれば、二つの世界大戦における米軍の戦死者をはるかに上回っているのです。しかし、80年代にコンゴの内戦で四年間に死んだ人の数はその10倍。何が連鎖しているのか。誰が犠牲になっていくのか。

(http://www.luci.jp/diary2/?p=1428:米国におけるクラック児・胎児性機能障害(FAS)と学級崩壊)(http://www.luci.jp/diary2/?p=2004:インドとアメリカ・様々なものさし。そして学者の調査。)

本来「学校教育」は子育てとは異次元、異質のものでした。「教育」は弱者が強者を育てようとする最近のもので、経済活動やパワーゲームの一端を担うという要素が強い。「子育て」は弱者が強者の人間性を育てる「進化」の過程に属するもの、受け入れる力を育む、そんな違いでしょうか。共存が絶対条件になってくる。

家庭における「子育て」が揺らぐと学校教育は成り立たなくなる。このシンプルな構図を、福祉にも当てはめて仕組みを組み直さないと、日本でも同じように子どもたちが行き場を失い始めています。このままでは欧米社会の二の舞になってしまう。兆候は、保育現場だけでなく、児相における対処の限界や、子どもの貧困という形ですでに現れているのです。

 

10年前に比べて、小学校教員の応募倍率が10分の1になっています。高等教育への道筋が、遺伝子の中に存在する「モラル」によって否定され始めているのだと思います。就学前の「子育て」の時間が、教育への道筋に組み込まれることによって幸福感を失いつつある。すると、大切な人をつくることへの恐れが社会を覆い始める。

「保育園をたくさん作ることが、子育てしやすい環境を作ること」と新聞が書き、保育者養成校の学生がその報道を信じたら、日本の保育はその時点で崩れ始める。

子どもを見つめる親たちの目線に「感謝」がなければ保育も教育も成り立たない。その感謝のきっかけをつくるのが乳児たちから向けられた私たちへの信頼の眼差し。そうした基本的な知識を保育者養成校で、政府の施策に優先して、繰り返し学生に教えてほしいのです。義務教育が存在する限り、学校は子どもたちにとって最後のセーフティーネットであって、それを支えるのが保護者であり保育者、そして何よりその両者の一体感。その論法で優先順位を整えていけば、まだこの国は大丈夫だと思うのです。

(NHKのクローズアップ現代『~「愛着障害」と子供たち~(少年犯罪・加害者の心に何が)』https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3613/index.html)

(http://www.luci.jp/diary2/?p=1560:引きこもり・愛着障害・幼い中学生)

どんな形であれ「抱っこはもういい」と幼児に言われたら、それは人類にとって強い警告です。

去年のアメリカ大統領選挙あたりから毎日CNN、ABC、NBC、CBSのニュース報道を見ています。同じ国に住んでいながら人間たちが競争原理の中で創造してしまった「亀裂」の深さ、分断の深刻さをひしひしと感じます。分断はどんな社会でもあるのでしょう。しかし、それを覆い、包み込む、亀裂にいくつか橋をかける「何か」大切なものが欠けてきている気がしてならないのです。新大統領が言う「ユニティー」という「言葉」が心に響かなくなっている。教育とか理念では埋まらなかった亀裂、そして仕組みが広げた分断が信仰と化し露わになる。暴れ始めている。

私が、その主張に同意できなくてもRBG(亡くなったルース・ベイダー・ギンズバーグ最高裁判事)に強く惹かれ、彼女を守護神のように感じるのは、彼女の果たした功績や社会的役割の向こうにある、「育ち」に共鳴するからだと思うのです。

以前、山に囲まれた保育園で双方向への治癒力「抱っこ」が消えてゆく場面に出会いました。

最前線に、ひとりの保育士がいたのです。

「問題児だったけど、毎日あんなに甘えて抱きついてきた子が、突然『抱っこはもういい』と虚ろな目で言うんです」それが悲しい、と保育士が言う。そんな保育士が可哀想で、と園長が私に言う。

もともと1対3とか1対6では無理なのです。3歳児は1対20です。それでも、頑張ってきたのです。

毎日「抱っこ」で子どもの魂を鎮めようとしていた保育士が、親から何も相談されずに、処方された薬で心を抑えられた子どもにある日突然、「抱っこはもういい」と言われたのです。

保育という仕組みの切なさ、虚しさを感じます。

心療内科に連れて行くこと、薬を飲ませることを保育士に一言も相談してくれない。長い時間面倒を見て、毎日抱きしめているのに、まるでサービス業のように見なされて、口を挟もうとするとプライバシーの侵害だと役場に駆け込まれたりもする。そうした日々が積み重なって、心を込める保育士たちが使い捨てになっていく。保育士は仕組みの一部のように見えるかもしれませんが、そうではないのです。

実はその子の育ちに一番長く関わっている人たちが知らないところで、子育ての「方針」が決められていく。

「抱っこはもういい」と言われた保育士の誰にも訴えるすべのない悲しみの陰で、この国を支えてきた利他の心が麻痺していく。子どもたちを支えるはずの絆がほどけて行く。

母親が心療内科に子どもを連れて行ったのも「愛」、保育士の悲しみも愛。しかし社会全体の仕組みを考える人たちの心に愛が欠けている。だから、こんなことが起きてしまう。

子どもが「抱っこはもういい」と言った瞬間に、人類が拠り所にしてきたモラルと秩序が壊れていく気がしてなりません。

山の麓の保育園で起こった出来事から、その保育士の悲しみを察し、それを真摯に受け止めないと、この国が修復不可能なほどに壊れていく。誰も気に留めない一人の保育士が感じた切なさから、人類全体に起こっている異常な流れを感じ取ってほしいのです。生きるための「動機」が重ならなくなっている。

なぜそうなるのか。

幼児たちの居る風景を想像し、矛盾を根元から解決していかないと、最近作られた巨大なポピュリズムの陰で、幼児たちと肌を合わせる意味が忘れられていきます。

今、幼児たちの存在を認め、彼らを再認識することに本当の社会改革がある。

私が小さな保育園にも喜んで講演に出かけていくのは、こうした訴えかけてくる風景に出会うからです。ガラス玉を覗き込むように、大切な次元が見えてくる。福祉の向こう側に常にあるべきこの国の民俗学的美しさ、それを保育士や園長先生たちの笑顔から感じるのです。この国はまだ大丈夫。「子育て」という小さなガラス玉の集まりで人類は成り立っているのがわかるのです。

そのガラス玉の反対のところにある話。

東京都の認証保育所に勤め始めた保育士が、園長から抱っこするな、話しかけるなと指導され驚いたという話を思い出しました。確かめると、地方の公立保育園でも似たような話がある。

子どもが生き生きすると事故が起こる確率が高くなる、と園長が言ったそうです。

この説明が迫っている「保育の限界」を表しています。

小規模保育は3分の1資格なしでいい、パートで繋いでもいい、そうした規制緩和が行われ、13時間開所や0歳児保育が補助金を質に推し進められ、意図的に保育単価が決められていく中で、信頼できる保育士を確保できない状況に追い込まれている園長も可哀想ではあるのです。事故が起きないことが最優先になって、それを責められないほどに危なっかしい現場が増えている。

子育てに必要な「ゆとり」がなくなってきている。

子ども6人を一人で受け持って子どもたちの望み通り「抱っこ」しようとしたら保育士が腰を痛めてしまいます、絶対に無理です、というベテラン保育士の指摘もまったくその通りで、普通に保育をしていても、子どもが「抱っこ」される時間は家庭で育っていた時に比べて極端に減っていた。それが、ここ数十年やってきた国基準の保育なのです。そのあたりがそろそろ認識されないと、手の掛かる子の増加に歯止めが掛からなくなってくる。

幼児期の子育てに不可欠なのが心の「ゆとり」でした。人間の心にゆとりを与えるために幼児期の子育てがあったと言い換えてもいい。乳児と不思議な沈黙を共有することで、人類は、未来を創造する瞬間を体験し、思いやりの心を育てていく。絆に必要な静けさを身にまとうための道が、「抱っこ」にはあった。

「抱っこしなければ、落とさない」、その次元に保育がなってきているのに、それでも預かれと政治家たちは言う。「質より量」優先の施策を「子育て安心プラン」と名付けて進めている。保育を子どもの数とお金で計った「仕組み」としか見なしていない。これでは、格差と分断によって、その先にある学校がもたなくなる。そして、欧米を見ればわかるように「教育」でこの分断を是正することはできない。

安全最優先が「抱っこしない保育」につながる。これは見かけ以上に危険な現象です。子どもの成長には決定的と言ってもいい。

それでも、保育という仕組みの空洞化が市場原理によって進められる。「福祉」が人間性を失い、一線を超え始めている。

「子育て安心プラン」は構造的に破綻している「生産性革命と人づくり革命」(安い労働力の創出)の無理と矛盾、男性の引きこもりや未婚化に象徴される次世代の無気力化を覆い隠そうとする短絡的な手段であって、そのための命名です。子育てをしないことで「安心」しようとするという奇妙な論理が「抱っこしない保育」という形になって現れ、この「抱っこしない保育(子育て)」が無理と矛盾をさらに少子化という形で増幅させていく。「子育て」の中心に存在する「安心」は「子どもたちの安心」でなければいけないのです。

仕組みとしてのコーディネーションを完結させずに矛盾を抱えたまま、雇用労働施策によって「生産性」と「人づくり」が重ねられる。しかし、人間の生きる意欲、自己肯定感における幼児たちの役割を考慮しないから歯車が噛み合わない。すぐに行き詰まる。

どんな形であれ「抱っこはもういい」と幼児に言われたら、それは人類にとって強い警告です。

ウィルスという試練が世界中に広がり異なる状況の下で人類の忍耐力を試し、絆を試し、利他の心の有無を問い続けています。欧米で、コロナ禍の中で若者たちがロックアウトに反抗し、マスクもつけずにパーティーを開いたり暴徒化する様子を見て驚いた日本人は少なくないと思います。でも、欧米の犯罪率が軒並み日本の10倍以上と知れば、それなりに納得するはず。弱者に辛い、思いやりに欠けた格差社会がすでに広がっていて、家庭という定義の崩壊がその背景にあるのです。実の両親に育てられる子どもの方が少数派になり、家庭における親子の関係が希薄化し共に過ごす時間が減少すれば、親が子どもの面倒を見ようとする期間は相対的に短くなります。自立をうながすと言えば聞こえはいいのですが、早めに見離すと言い換えてもいいでしょう。制約や連帯責任を嫌うことで、「絆」という利他のネットワークがほどけていく。そこで生まれる子どもたちの孤独感や不安感が4、50年前から蓄積し、限界に近づいているのです。

子育てを優先しない、強者に都合のいい「男女平等論」は責任回避の口実になっていく。「平等」どころか、より一層社会における格差を広げ深刻な不平等を生む。そのことを、アメリカでますます露わになる亀裂と分断から私たちは学ぶべきだと思います。

血のつながり、家族の定義、家庭という制約と連帯責任が、社会のモラルや秩序の維持に果たしてきた役割は確かに大きかったのです。

自由を失うことはそれ自体怖いことではありません。幼児を育てていれば、それが喜びであることさえ理解できます。怖いのは、自由を失うことを恐れること。失うのではないかと思うこと。そう思い込まされること。そして、その思いを利用されること。

デンマークの幸福度・デンマーク在住の日本人と、日本在住のデンマーク人の文章

幼児を扱う「作法」を、仕組みを動かす政治家や専門家たちは忘れてはいけない。

“虐待入院”と愛着障害

追悼:安野光雅先生

追悼

安野光雅先生

安野先生が亡くなった。小学校4、5年生の時の工作の先生です。いつまでも私には、太陽の下でカメラを抱えて生徒の作品を一つ一つ撮る安野先生です。

最後にお会いしたのは4年前。借りてきたタキシードを返しに行くんだ、と助手席で話された時。

人生の不思議な場面で、話をしました。

いつも変わらぬ、同じ感じの安野先生でしたから、いつまでも居てくれるような気がしていました。

ブログ、シャクティ日記にも幾たびか書きました。

2008年7月14日

DVDをお送りした安野光雅先生からお手紙をいただきました。

pastedGraphic.png

シャクティのDVDをお送りした安野光雅先生からお手紙をいただきました。

絵本でよく知られている安野先生は私の小学校(明星学園)の時の工作の先生です。その後、安野先生の絵本の編集を父が手がけたこともあり、長いおつきあいがありました。

自分の作ったものが小学校の先生に誉められるのは、やっぱりいいものです。

 

「不要な会話がなかった、ひとことも聞き漏らすまいというふんいきが生まれていた」

「目の中に祈りを感じました」

「挿入された、一見関係のなさそうなシーンは、「詩」のように心に響きました」

と、嬉しい評をいただきました。

シャクティの映像から抜粋~考えたこと/解説

ヒューストン国際映画祭の長編ドキュメンタリー部門で金賞を受賞しました。)

pastedGraphic_1.png

2012年12月6日

安野先生/言葉のない絵本

息子の幼稚園の先生が、朝、「和さん、安野光雅さんがこんなこと書いていたわよ」と教えてくれました。月刊絵本に一緒について来る「絵本の楽しみ」という小冊子でした。

安野先生が絵本をつくることになった頃の経緯が書いてあって、

(前略)「明星(学園)には、校門のそばに『自分たちの巣』を作っている子どもたちがいました。もう何日もかかっている様子で、それはバラックとも言えないほどの変な小屋でしたが、自分たちにとっては御殿のような砦だったらしいのです。

(中略)砦を築いていたのは、和くんという活発な子でした。お父さんは松居直さん(『こどものとも』初代編集長)でした。(中略)松居さんから『絵本を描いてみませんか』と言われたのです。『わたしは、お話がないから」と言うと、『お話しはなくてもいい』と言われたのです。これは驚天動地です。それで『ふしぎなえ』という文字のない絵本ができたのですから、人生とはふしぎなものです。松居さんにも恩義を感じますが、和くんにも感じないわけにはいきません。」

砦を築いていた、子どものころの私にまでこう言ってくれるのが安野先生です。小学生の時の先生には、いまだに見守られている気がします。

文章は続きます。

「わたしたちは言葉を通じてわかりあっている世界に生きていたのです。でも、たとえば、ゴッホの絵にも、ふつうの山や川の風景にも、言葉による説明はありません。

このことを忘れて、言葉がなくても理解できる世界があること。むしろ、そのほうが多いことを考えてみなければなりません。」

講演や本で、0、1、2歳児との会話が、言葉を介さないコミュニケーションの世界に人間を導く、それが感性を育て、自分自身をより深く体験できる、と私は言ってきました。

赤ん坊と話していれば、歳をとってからお地蔵さんや盆栽とさえ会話ができる、と書いてきました。だから、安野先生の言葉が嬉しいのです。先生は、授業を生徒と一緒に喜んでいる先生でした。

「すごいなー、すごいなー」という言葉が、心からの言葉だということが、子どもたちにはビンビン届きました。

先生は続けます。

「いろいろ説明して結婚するのが見合い結婚です。はじめはなにもわからないのに、好きになって結婚するのが、恋愛結婚です。どちらがいいか考えるのは、本人が決めることですが、このごろは『感性』が鈍い人が多いらしく、説明を聴きたがる傾向があるように思います。」

だから少子化なんですね、と思います。信頼関係が薄いですから、当然、見合い結婚は少ないですし、説明を求めていたら恋愛結婚にもなかなか進まない。理屈ではない、言葉では説明のつかないのが人生なんだ、という感覚がもう一度行き渡るには、海や山や川を眺めるのも良いのですが、0、1、2、3歳児あたりとみんながつきあうのが一番いいのです。

pastedGraphic_2.png

子育て、というコミュニケーション

IMG_0137

 

アメリカやヨーロッパで起こっているコロナウィルスの広がりを見ていると、天災は常に人災と重なっていて、今、こういう時代に集団としての人類、人間社会のあり方が問われているのを感じます。進歩したはずの先進国社会で、「利他」の気持ちが薄れ、絆が揺らぎ、分断が進んでいる。仕組みによって人類の感性の退化が始まっているのではないか。人々が孤立し、結びつきが心の次元ではなく、より一層自分中心の損得勘定になっている。全米のニュースで報道された、自由と自立を叫び、笑いながら焚き火にマスクを投げ込む若者たちの姿を見ていると、困惑とともに情けなさが湧いてくるのです。その怒りが何に向いているのか、彼ら自身も知らないのかもしれない。

 

images-6

 

日本は多分そこまではいかないだろうと思いつつ、そしてそのことに感謝しつつ、与えられた試練に対する根本的な解決や解答にならずとも、ワクチン(薬物)が状況をとりあえず沈静化させてくれるのを祈るばかりです。

images-2

 

昔、といってもつい30年くらい前のことです。保育士たちがまだ親と一緒に「子育て」をしている感覚があって、園長先生たちが祖母の心に近い視点で園児たちを眺め、保育という新しい仕組みに不信感を抱き始めていた頃、私にいろんなことを教えてくれた保育園の園長先生が言いました。

職員室の窓から園庭を眺め、0、1、2歳の保育に関して話していた時です。

「ここに預けておけば大丈夫、と親たちが思うことが怖い。ここに預けておいた方がいいんだ、と親に思わせたら、それはもう保育ではないんです」

これほどわかりやすい発言はありませんでした。この強さと優しさが保育の真髄、とその時心に刻みました。政府や学者は理解しなかった、もしくは耳を塞いだのでしょう。その後、厚労省の課長さんたちにも伝えましたが、乳児保育や長時間保育を雇用労働施策と位置付け推進するやり方に変化は起きませんでした。

園長先生は保育士たちに言っていました。

「できる限りいい保育はする。それぞれにする。それは当たり前のこと。でも、できることなら親に隠れてしなければいけないのよ」。保育士が幸せを感じる瞬間があったら、それは親たちのものだったんだ、と後ろめたさを感じなさい。それが保育士ですよ、と。

子どもが初めて歩けたら、親に言ってはいけないの。もうすぐ歩けるようになりますね、と言うんだよ、と。親たちに人生の宝物を出来る限り返していかなければいけない。どんなにいい保育をしても、乳幼児期に奪われた時間は補うことはできない、と知っている人でした。

幼児たちの安心を優先する先輩の言葉と信念を理解しようと、多くの保育士が一生をかける仕事として保育の本質を探ろうとしていた時代でした。

知っている人は気付いたと思いますが、園長先生は公立保育所の所長さんでした。

同じ「保育」という名で括られても、公立と私立では仕組みや考え方がずいぶん違います。保育という人類未体験の概念の捉え方、あり方の模索、保育士の育ち方が、それぞれに違っていたのです。公立の先生は基本的に地方公務員。異動したり、定年があります。園長先生の定年は60歳。本当にもったいないことですが、そろそろ地域の顔役になり始めた頃に退職になる。

公務員という立場上、市長や国の方針には従わなければなりませんが、解雇される心配をせずに現場から主張したり、市長たちにその気があれば、彼らに保育とは何か、国の施策の何が間違っているか、教えることもできました。ほぼ全てが公立保育園という市では、園長先生が役場の保育課と人事交流していることが、その地域の学校教育も含めた「子育て」を支える、とても重要な要素でした。

正規雇用、非正規雇用の割合、幼稚園という選択肢があるかどうかなど、地域によって異なる状況が、保育という仕組みが育つ過程に大きく影響を及ぼしていました。私は、それぞれに多様な保育文化が育っていくのをこの目で見てきました。ですから、講演に呼ばれると、駅に迎えにきた役場の人に、まず、幼稚園と保育園の割合、公立と私立の割合、正規と非正規の割合などを尋ねるのです。

7割の子どもが幼稚園を卒園する県もありました。幼稚園が一つもない自治体もたくさんあるのですよ、と言うとびっくりされました。

私立の社会福祉法人などでは、園長や理事長がその土地に根付いた人かどうか、そして行政や政治家との繋がり方なども、微妙にその町の保育に影響を及ぼしてきました。

公立がいい、私立がいいとかではないのです。それぞれに様々な事情があって、違う。

わかりやすい例として、無償化で消えていく公立の幼稚園と、私立の幼稚園の仕組み的な違いについて書いたことがあります。(「親心のエコシステムが無償化で廃園に」http://www.luci.jp/diary2/?p=2916)

保育園の場合、それがいま、小規模保育や企業主導型、社福型、フランチャイズ型、家庭的保育事業、こども園と、「子どもの最善の利益を優先する」という理念ではまとめきれない混沌とした状況になっているのです。

冒頭の発言は、いまのように営利目的の会社の参入が政府によって奨励され、園長が雇われた人だったら絶対に言えないことなのです。しかし当時は、私立保育園の園長でも、この程度のことを言う人は結構いた。保育が、労働施策よりもずっと「子育て」の側にあって、親たちがそのことに感謝していた。

そこで培われ、行われていたなるべく子どもを優先にしようという「保育」の伝承が一般財源化で揺らぎ、長時間保育で崩れていくのを見ました。シフト制が当たり前になり、一日一回、保育士たちが揃ってお茶を飲んだり、子どもについて話したり、親や家庭について意見交換する時間があちこちの園で消えていきました。

それがいかに保育にとって致命的だったか、知っている人さえ少なくなっています。

養成校の保育科では、このあたりの保育に対する視点の変遷や現場の様々な葛藤について教えているのでしょうか。資格者たちは本当の園長や主任を見分ける力を身につけているのでしょうか。今や、子ども優先の保育理念を学生に教えると、サービス産業化した現場の園長や経営者とぶつかるという奇妙な時代になっているのです。

(個人情報保護法を盾に、非正規の保育士には家庭に関する情報を教えてはいけない、という「子育てで育つべき絆」を度外視した杓子定規なお達しが厚労省から来たことがありましたが、財源不足で非正規雇用が増え、そんなことは言っていられない状況にあっという間になってしまいました……。
内閣府が作った新制度の家庭的保育事業に「1:3」という数字を見た時には皆唖然としました。保育に、「1」はあり得ない。トイレにもいけない、病気になったらどうするのか、という保育界の常識を内閣府や政府が意見を聞いた専門家は知らなかったのでしょうか。)

子どもの最善の利益を優先する。この言葉は、子どもの権利条約を日本が批准している限り保育指針から消されることはないでしょう。

ただし、それ以外に指針に書いてあることや政府の保育施策=雇用労働施策の多くの部分が、この保育指針の柱ともいえる「精神」「哲学」と相入れないことを、子ども優先で考える園長たちは知っている。親のニーズに応えることと、子どもの最善の利益を考えることが相反する時代になっている。どちらが優先か、と問われれば、保育においては子どもなのだ、という、その思いをできる限り伝えておきたいと思います。子育ての本質はここに預けておけば「大丈夫だ」とか、「この方がいいんだ」という次元のことではなく、ずっと続いてきて、また永遠に続くもの、人間性(遺伝子情報)の確認なのだ、ということ。

images

たとえば0歳児の担当制を1対3にするのか、3対9にするか、乳幼児期に保育士との愛着関係がどこまで育つのがいいのか、これは永遠に答えが見つからない問いでした。

担当は半年、一年で交代する。愛着関係ができるほどに、乳幼児期の担当替えが子どもにとって辛いものになる。私が講演にいった先の保育園で目の前で起こったことですが、家庭で熱を出した子どもが、うなされて担当の保育士の名を呼び親から電話がかかってくる時代なのです。いい保育士に当たったからそうなる、それを喜びつつ、でも、あってはいけないこと、と園長は心を痛めるのです。

生まれついた性格、親との関係によっても違ってきますが、三歳未満児の脳の発達を考えた時、心の傷、トラウマにならないためにはどういう関係がいいのか、園長・主任なら誰もが心配し続ける宿命的な課題。この永遠に続く悩みは、こんな仕組みでいいのかという疑問につながり、この課題が存在し続けている以上、保育という仕組みは常に諸刃の剣なのです。

「生まれついた性格、親との関係によっても違ってくる」と言えば、保育士だってそうです。0歳児は1対4という国基準がありますが、1対1で本領を発揮するタイプの保母型保育士もいれば、1対4で資質が生きてくる保育士型保育士もいます。前者は0歳児の要求を満たすことが得意で、後者は国の施策に資質が適しているとも言えるでしょう。資質の価値基準の次元が違うのです。保育園という仕組みには両方が必要なのでしょうが、前者の保母型保育士の激減が保育の質を下げ、今の保育界の保育士が長続きしないゆえの混沌を生み出しているのです。規制緩和によって、常勤がいなくてもパートの組み合わせでいい、となれば、子育て、という意識は薄れていく。こういう政府の施策に憤慨した一人の園長先生が、これではもう保育ではなく飼育です、と私に言いました。

乳幼児保育が諸刃の剣だということを大学の保育科では教えているのでしょうか。0、1、2歳を保育することに少しも疑問を持たない学生を創り出しているのだとしたら、保育にとって一番大切な指針と想像力が、「教育」によって意図的に失われていくことになる。

最近の脳科学でも、三歳までにほぼ終わると言われる脳の発達、シナプスとかニューロンネットワークの構築が、その子の一生を様々に左右すると言われ、それが定説として受け容れられています。(http://www.luci.jp/diary2/?p=239)

この時期に脳を環境に合わせて発達させ、一生続く信頼関係をつくり、それを生きる力、安心の土台の指針として身につけることが人類の進化の根本にあったのです。乳児が絶対に一人では生きられないことが、脳の発達に必要な環境であり、育てる側とともに双方向へ調節し合い「人間らしい」思考の基礎を作っていく。それが「社会」という形(定義)を生み出す道筋だったのです

このやり直しの効かない大切な時期に、半年、一年で交代していく(最近では、日に何度も交代する)愛着関係を子どもに体験させる不自然さに、私が知る園長たちの多くが気づいていました。

 

(保育者の思いと仕組みの間に生じるこうした葛藤は、三十五年間、全国津々浦々、毎年50から100講演し、たくさんの園長たちに会い、私が実感したことです。ある大会で、3歳未満児の受け入れ枠の拡大、延長保育・休日保育を進めるエンゼルプランの計画が専門家から発表された時、そんなことをしては親が育たない、絶対にやってはいけないこと、と呟いた私の発言に、会場にいた園長主任たちから突然割れんばかりの真剣な拍手が来たことを今でもハッキリ覚えています。これでは子育て支援ではなく、子育て代行になる、と皆すでに気づいていたのです。この大会はパネリストに文化人類学者の原ひろ子さんが同席していたのでよく覚えているのです。会の後、もう少し話しましょう、と言われて二人で喫茶店に行き、ジェンダーフリーの危うさと社会における乳幼児の役割についてかなり突っ込んだ話をしたのを覚えています。文化人類学者は園長先生たちの拍手から、フィールドで何が起こっているかを読み取ったのだと思います。話しているうちに、ふと気づいて、あれ、私が本の中で批判しているのは原先生でした、と言ってそのページを見せると、それを読みながら、これは私ですね、と言って大笑いになったのを覚えています。文化人類学者だなあ、と嬉しくなりました。フィールドワークは絶対です。そして、文化人類学におけるフィールドワークはアンケート調査やQ&Aではなくひたすら「観察」です。

もう一つ、保育協議会か保育士会の県大会に二千人近くの保育士たちが集まってきた時のこと。私の講演の前に県知事の挨拶と市長の挨拶があって、まず県知事が「女性の社会進出に伴い、保育の受け皿を増やし、待機児童をなくすために皆さんに頑張ってもらいたい」という趣旨の、当時の厚労省のお達し文をほぼなぞった挨拶をしました。次の市長の挨拶が代読だったのです。そのために文言がほぼ同じになってしまった。しかも、この人たちは、その日なぜ私がその人たちに呼ばれていたかまったく気づいていなかった。何かが沸点に達し、私が発する言葉を待っているのを感じました。壇上に立って、ああいう人たちには絶対投票しないでください、と言った時に起こった地響きのような拍手を覚えています。あの音が地球のどこから聴こえてきたのか……。私は今でも再確認しています。あの音を基準に発言し続けます。

施策を作る人たちは、その頃誰もあの人たちを観察しようとも、理解しようとも、現場の葛藤について真剣に考えようともしなかった。あの響きには、子育ての現場と乖離した人たちが「経済優先」で進める施策に、そこに居た人たちがどれほど憤慨していたかが露われていました。現場(フィールド)の思いをそこまで無視することの繰り返しで現在の保育施策は進んできたのです。

(http://www.luci.jp/diary2/?p=279;育休退園・所沢市の決断/石舞台/「子どもの楽園」に驚く欧米人/「逝きし世の面影」渡辺京二著、平凡社からの抜粋)

images-3

保育士との愛着関係をどうするか、という話に戻ります。1日4、5時間であれば、つまり子育ての主体が家庭であれば、それほど悩むことではないのかもしれません。中川李枝子さんがご自身の体験をもとに書いた児童文学「いやいやえん」に出てくるチューリップ保育園のように……。そして、その中で子グマが園長先生に書いた手紙のように、一人で色々できるようになりました、保育園に入れてください、という親たちの子どもの将来を慮る気持ちが常識として世の中にあれば、子どもたちの愛着の主体が微妙に変わっていくこともまた「成長」という過程に組み込むことが可能だったのかもしれない。

しかし、8時間保育が11時間開所になり、それが経済界の都合で13時間開所になっていった。乳児保育を、政府が主任加算を盾に保育界に強要し、睡眠時間を除けば、子どもたちが家庭で親と過ごす時間よりも保育園にいる時間の方が多くなっていった。当然のように「手のかかる子」が増えていった。「手のかかる子」は、すなわち「手をかけてもらえなかった子」だと多くの保育士たちが気づいていた。

明らかに、政府は保育界に「子育て支援」ではなく「子育て代行」を求めているのです。しかし、一年ごとに担当が変わっていく仕組みに家庭(親)の代わりはできない。だから園長は言ったのです、大丈夫と親に思わせてはいけない、と。親たちが「ここに預けておけば大丈夫」と思い始めることによって、本当に長時間保育を必要としない親まで保育園に子育てを頼るように必ずなる。そうなったら、保育は絶対に受けきれない。いま起こっている、様々な現実を園長たちは三十年前に見抜いていました。福祉全体の人材不足で、資格が形骸化し、保育園がやがて仮児童養護施設のように使われることにも気づいていた。現場の園長だからわかる。保育園が無かった時代を知っている人たちだから直感的にわかったのです。(http://www.luci.jp/diary2/?p=211)

本当に保育が必要な子どもを、親の勤務時間と通勤時間を足した時間だけ預かるのであれば保育士は足りています。

そして、保育園で就学前の子どもを全員預かれば、親から得る税収が保育にかかる予算を上回るという経済企画庁の二十年前の試算、新聞の一面に「その方がお得」と記事が出た経済財政諮問会議のいい加減な目論見はとっくに外れている。数年前に国会でも議論されましたが、25歳から44歳の働く女性の数の推移 は、2010年から2015年にかけてほぼ横ばいで、2014年から15年にかけては減っている。つまり、女性の就業者数は受け皿確保や待機児童の増減とは原因と結果の関係にはない。それを追及された首相が、エッという感じで、すぐに答えられなかったことが一番問題なのかもしれません。経済学者たちの思惑と、現場を知らない計算違いが生み出した仮想現実の中で保育施策が進められてきた。その結果が、いまの矛盾だらけの保育界の現状であり、混沌なのです。

「ここに預けておいた方がいいんだ、と親に思わせたら、それはもう保育ではないんです」。

子どもたちのことを考えれば、この時期に親がどう育つかの方が優先、と言って、問題のある父親たち(子どもに無関心な父親)を二十四時間のお泊まり保育に引っ張りだすような園長でした。言って理解しない親には毎日毎日手紙を書き続けるような人でした。(http://www.luci.jp/diary2/?p=983

子育てに関して、保育士や園長が家庭に介入できなくなったらそれはもう保育ではない、毎日一番長く子どもを見ている者として、親を指導するのは園の責任です、指針にも書いてあります、と言い切る人でした。先生は、この時期に親心が育たないと、やがて保育という仕組みが限界に達し、質的に破綻していくことを当時すでに見通していました。その兆候は現れていたのです。

いま、国は八時間勤務の保育士に十一時間保育を「標準」と名付け、補助金を盾に押しつける。ほとんどの現場で担当が必ず一日一回は交代し、最後の三時間は無資格でもいいということになっている。その子の過ごした一日を、誰かが親に物語る機会もなくなっていった。

以前は一日四時間働けば十一時間預けることができる、だったのが、新制度によって二時間でよくなり、0歳児保育を増やすために設定された保育単価によって、0歳児、1歳児を預かっていないと保育園の経営が成り立たち難くされ、それが保育士不足に拍車をかけた。そして、政府主導のサービス産業化により経営者の損得勘定が色濃く入りこむようになると、保育単価の高い三歳未満児の保育に特化する人たちが出てくる。こうした乱暴な規制緩和や仕組みの変更、保育界の分断は、保育士たちにもう親身ならなくていいと宣言しているようなもの。

法律では親が主体と言いながら、実際には、子育ての主体がますますあやふやになって、それによって保護者と保育士の心が一つにならなくなっている。だから保育士が長続きしない。保育士が長続きしないと、親身な園長が保育を伝承する気力を失っていく。いい園長の心の萎え方が最近ひどいのです。

毎年二割の保育士が入れ替わる保育など以前は考えられませんでした。

保育の質はすなわち人材の質。来年、どんな体制が取れるのか見えない。それだけでも「大丈夫」とは言えないはず。人材が自転車操業になっていて、資格さえ持っていれば、どんな保育士でも採用しなけばならない、まるでババ抜きのような状況になっている。保育士を選べないことが保育界全体の「子ども優先」の意識を萎えさせている。最低限、良くない保育士をすぐに解雇できる状況は保たなくてはならなかったのですが、それさえできないのです。(http://www.luci.jp/diary2/?p=2801:衆議院内閣委員会:国会議員用レジュメ「保育の無償化について」)

保育は、仕組みではなく、その日の一人の保育士の心持ちで成り立っている。なぜなら、幼児たちがそこを問うからです。

保育士を育てるのは幼児たち。だから、たった一人良くない保育士が混じっていることが保育室の空気を一変させるし、それを許している仕組みに対する諦めが蓄積し、福祉が天職のような人が、ある日突然起き上がれなくなって辞めていく。(ネットを調べればわかりますが、行政処分が繰り返される放課後等デイサービスなどでも、まったく同じようなことが起こっている。)

派遣会社に頼らなければやっていけないような状況が認可園にも広まり、定着してしまった。保育はサービス産業、親のニーズに応えればいい、と平気で言う園長さえ現れている。

そして政府は、この一連の施策を「子育て安心プラン」と名付けているのです。誰にとっての「安心」なのか。

(「安心プラン」には程遠い、逆にその目標から遠ざかっていくような現場の実態は繰り返しマスコミでも報道されています。しかし政府の経済優先の基本方針は変わらない。「子育て安心プラン」の実態は失敗続きの生産性向上施策と、幸福論と結びつかない奇妙な「人づくり」施策です。以下の報道で明らかなように、政府の「人づくり」は子どもの日々を犠牲にした「労働力確保」でしかない。30年前、「ここに預けておけば大丈夫、と親たちが思うことが怖い。ここに預けておいた方がいいんだ、と親に思わせたら、それはもう保育ではないんです」と言った園長の言葉をその時理解できなくても、保育からこれほどモラルや秩序が消えていっている状況を見れば、政治家たちも遅ればせながら理解できるはずです。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakanoma…/20160617-00058938/

「企業内保育所、質は誰が担保するのか 働く親の「最後の砦」、復職への強制力にも」

https://sukusuku.tokyo-np.co.jp/hoiku/8494/

保育士の虐待「見たことある」25人中20人 背景に人手不足、過重労働…ユニオン調査で判明。

https://www.asahi.com/articles/ASN9Y61BTN9YUTFL00C.html:保育園で虐待、まさか… 施設急増の中で起きている異変

「生産性革命と人づくり革命」?・「幼児期の愛着障害と学級崩壊」

そしていま、新しい内閣の閣議決定で、常勤の保育士がいなくても、つぎはぎのパートで繋ぐ保育でも構わない、と正式になってしまった。「短時間勤務の保育士の活躍促進」。物は言いようです。

すでに追い詰められている現場に四年間でもう14万人の「保育の受け皿」を課すために、または成長産業という言葉で未満児保育に参入を促した保育士不足の実態を知らなかった新規参入者を撤退させないためになのか、子どもたちの日常の質を二の次にした規制緩和が進みます。こんなやり方しか手立てが浮かばないのでしょう。

保育士たちを悩ませた、保育士と乳幼児の関係はどこまで深まるのがいいのか、という愛着関係の議論さえ、仕組みの変化によって無意味になりつつある。それを今度は「新子育て安心プラン」と名付ける。以下、政府の発表です。)

待機児童の解消を目指し、女性の就業率の上昇を踏まえた保育の受け皿整備、幼稚園やベビーシッターを含めた地域の子育て資源の活用を進めるため、「新子育て安心プラン」を取りまとめましたので公表します。:(厚労省のホームページから)
「新子育て安心プラン」では、4年間で約14万人の保育の受け皿を整備するほか、1.地域の特性に応じた支援、2.魅力向上を通じた保育士の確保、3.地域のあらゆる子育て資源の活用を柱として、各種取組を推進してまいります。
短時間勤務の保育士の活躍促進
(待機児童が存在する市町村において各クラスで常勤保育士1名必須との規制をなくし、それに代えて2名の短時間保育士で可とする)

 

i mages-6

 

「愛着障害と薬物」

学級崩壊に端を発して、12年前にスタートした就学前の発達障害児の早期発見対策。保育士不足の現実を知らなかったのか、すぐに顕れた加配の限界と専門家の力不足と人員不足、準備不足で付け焼き刃の施策が現場を混乱させます。

専門家に見せたがる親たち、見せたがらない親たち、親の子育て意識の変化、様々な要素が重なって、一緒に子育てしているはずの保育士たちが子育てに口を挟めなくなっている。「専門家」が現れることによって、昔気質の園長が「あなたの子ですよ」と親に言えなくなってきている。

専門家の薦めと、親の要望で、行動や発達に問題のありそうな幼児に薬を飲ませておとなしくさせるケースが出てきています。子どもや親たちを一人一人を観察できる余裕のない、親子関係まで見極める時間のない「専門家」たちは、愛着障害を薬物でごまかそうとする。

「問題児だったけど、毎日あんなに甘えて抱きついてきた子が、突然『抱っこはもういい』と虚ろな目で言うんです」それが悲しい、と保育士が言う。そんな保育士が可哀想で、と園長が言う。大自然からもらった治療法、双方向への自然治癒力、自浄作用である「抱っこ」が薬物に代わられてゆく。その最前線に保育士たちがいました。もともと1対3とか1対6では無理なのです。それでも、頑張ってきたのです。

毎日「抱っこ」で子どもの魂を鎮めようとしていた保育士が、親から何も相談されずに、薬で心を抑えられた子どもにある日突然「抱っこはもういい」と言われる。その気持ちを考えると、保育という仕組みの切なさをひしひしと感じました。

心療内科に行くこと、薬を飲ませることを保育士に相談してくれない。こんなに長時間面倒を見ているのに、毎日抱っこしているのに、まるでサービス産業のように見なされ、口を挟もうとすると、プライバシーの侵害だと役場に駆け込まれたりもする。そんな日常の中で心ある保育士が使い捨てになっていくのです。

都の認証保育所に勤め始めた保育士が、園長から抱っこするな、話しかけるな、と指導され驚いたという話を思い出します。(地方の公立保育園でも似たような話がありました。)

子どもが生き生きすると事故が起こる確率が高くなる、と園長は言ったそうです。

その説明が保育の限界を示しています。小規模保育は3分の1資格なしでもいいなどと様々な規制緩和がされる中で、信頼できる保育士を確保できない状況に追い込まれている園長も可哀想ではあるのです。事故が起きないいことが最優先になり、それを責められないほど、危なっかしい保育士が増えている。

安全最優先が「抱っこしない保育」につながる。子育てに必要な「ゆとり」がないのです。

それでも預かれ、と政治家たちは言う。その施策を「子育て安心プラン」と名付ける。「抱っこしなければ、落とさない」、その次元に保育がなってきている。保育を「仕組み」で考えるから結局こんなことになる。これでは、この先学校がもたなくなる。

(繰り返しますが、親の勤務時間と通勤時間だけ預かっているのであれば、保育士は足りているのです。就労証明をきちんととって、三人目を産んだらタダ、などという本末転倒の少子化対策をしなければ、そして、「成長産業」などという言葉を使って保育で儲けることを奨励しなければ、こんなことにはなっていないのです。まだ、ギリギリ方向転換できると思います。0、1歳だけでも月に五万円程度の直接給付と子育て支援センターの組み合わせで乗り切れば、かなり人材に「ゆとり」が生まれるはず。そこから仕切り直せると思う。)

「生活のため」とマスコミは言う。

一体「生活」とは何なのだろうか。幼児たちが抱っこされなくなったら、それは人類にとって「生活」なのだろうか。幼児たちを眺めながら、ベテラン保育士は考えるのです。

「抱っこは母と子の共同作業です。と力説している先生がおられたのを思い出しました」。その通り。抱っこは双方向の作業です。

(http://www.luci.jp/diary2/?p=279:育休退園・所沢市の決断/石舞台/「子どもの楽園」に驚く欧米人/「逝きし世の面影」渡辺京二著、平凡社からの抜粋)

アメリカでは、小学生の10人に一人が学校のカウンセラーに薦められ薬物を飲んでいる。薬物で画一教育を可能にし、教師の精神的健康を保とうとしているのですが、4割の子どもが未婚の母から生まれ、18歳になるまでに40%が親の離婚を体験するという土壌はもはや耕しようがない。「子育て」が夫婦の絆をつなぎとめられなくなって家庭が崩壊し始めると、薬物や警察に頼らないと義務教育が成り立たなくなってくる。学校のカウンセラーが薦める薬物が、将来、麻薬中毒やアルコール中毒につながっている、という研究発表がされ、学校教育における薬物使用の背後に製薬会社の利権がある、と言われます。どうしても薬物が必要な場合もあるでしょう。それに救われる人生もあるでしょう。しかし、薬物の利用は、人間の絆の崩壊、家庭崩壊、孤立化と比例して増え続けます。

アメリカで毎年5万人が薬物の過剰摂取で命を落とす。子育てが中心にならない社会で、驚くほど人々の孤立化が進んでいる。

 

東京都で休職している先生の7割が精神的病で休職しているといわれます。

教師の精神的健康が保たれるかどうか、から逆算して福祉や教育を考え、再構築していく必要がある。学校は最後のセーフティーネットで、それを支えるのが保護者と保育者、そう考えるのが一番わかりやすく、その方法で順番を整えれば、まだこの国は大丈夫だと思うのです。

(NHKのクローズアップ現代『~「愛着障害」と子供たち~(少年犯罪・加害者の心に何が)』https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3613/index.html)

images-10

 

「いないほうがいいんだ」

いなかの田んぼのなかの公立保育園で講演しました。いいことをしようと思った町長が四つある公立園に看護師を一人ずつ配置したのです。職員室で看護師さんがため息まじりに私に言いました。

「私がここにいるから、園で子どもが熱を出しても親が迎えにこない。来ようとしない」

自分が会社に頭を下げて迎えに行って連れて帰るより、看護士がいる保育園にいた方がいいでしょう、という理屈です。正論です。ただし、熱を出している「子どもの気持ち」が親に見えていない気がする。看護師さんが心配するのはそこなのです。理性が支配し、感性が育っていない、と言うのです。

最近の子どもたちが、登園時に熱を下げるために親が貯めている薬で抗生物質漬けになっている、ひょっとして男子の草食系化はこのあたりに原因があるのでは、将来の院内感染が怖い、と看護師さんが言いました。

「小児科でもらってくる薬だったら、まだいいです。最近の親は内科で薬をもらってくるんですよ。内科。しかも、呑ませたことをちゃんと私に言わない。だから怖いんです」

薬事法違反みたいなことを、子どもを保育園に置いてゆくための手段として、親たちが気軽にするようになってしまった。田んぼに囲まれた田園風景のなかで。

「私が、ここにいないほうがいいんです」

その声が、町長には届かない。マスコミにも、専門家にも届かない。

待機児童もいない田舎の町で、大人の都合で子どもたちがわけもわからずに薬を口にする。親を信じて口に入れる。それが小児科でもらった薬ではないことが、この国の何かを決定してゆくことを看護師さんは知っている。だから怒っているのです。「子育ては専門家に任せておけばいいのよ」と言った厚生労働大臣の声が遠くに聞こえます。

看護師の「私が、いないほうがいいんだ」という思いが、やがて、保育士の「私が、いないほうがいいんだ」という思いになり、それがいつか子どもたちの「いないほうがいいんだ」という声につながってゆく気がしてなりません。

こういう風景が存在していることを、保育士の養成校で教えているのでしょうか。子育ては、常に葛藤で、心配で、育ちあい、それゆえに輝く喜びの積み重ねなのですけれど、葛藤や心配の次元が「子育て安心プラン」などという政府の言葉によって損得勘定の方向へ変化している。心がすれ違い、育ちあいが生まれない環境が作られていく。

(「子育て安心プラン」は、2018~2020(平成30~令和2)年度までの3か 年計画であり、待機児童解消を図り、女性の就業率8割に対応できるよう、 2020(令和2)年度末までに32万人分の保育の受け皿を確保することとして います。:厚労省)

以前、中堅保育士さんからこんなメールが来ました。/本音、本気で言う人

 

お久しぶりです。

長らく連絡できずに申し訳ありませんでした。本当に色々ありました。現在進行形で問題勃発しています。新制度になったからなのか、もうとっくの昔に日本は終わっていたのかはわかりませんが、親心を空っぽにするために保育園があるような気がしてなりません。親も、上も、メディアも、政治も、みんな◯◯です。言い過ぎかもしれませんが、最近そんなやつとそんな画面しか入ってきません。

子どもの成長ではなく、子どもの寂しさを育んでいるだけのような気がします。

本当はもっともっと前に、連絡してお話しようと何度も思っていたのですがただの愚痴になりそうで、なんだか申し訳なくて連絡できずにいた次第です。

お金です。

女性に働いてもらって、経済を豊かにする。

そこだけ。

それを謳えば好感度が上がるから、バカみたいに保育園増設、待機児解消と言っておけ精神。

それらに反対すると、古い、の一点張り。 ありえないです。

なぜ、保育士が足りないのか、その原因を分かっていないから、エンドレスでしょうね。

なんだかパワーがでなくて。

少し前まで怒りがパワーになってぶつかっていけたのですが、その力もどっかいっちゃって。

保育園の在り方も託児所化しています。親は自分の都合で預けたい、優先順位は自分です。それが一人や二人じゃない。

自分の時間が一番なんです。

親が、親である前に「個」でいようとするのです。

親になった以上、親でなければいけないのに。特に乳児期は。

そこを支援せず、親の個としての生き方を援助しているだけです。

人の土台を作るのが親ではなく、保育士であっては絶対にならないのです。

もういやです。

 

(私の返信がここに挟まります。下関の自民党女性局で講演し、そこに安倍さんの地元秘書が来ていました。講演の前に大きなクスノキに出会い、「気」をもらいました、というメッセージと一緒にクスノキの写真を添付。)

 

是が非でも安倍総理の秘書の方から安倍総理本人に、どうか、どうか、松居先生の言葉、思いがまっすぐ、まっすぐ届き、少しでも子どもに寄り添った政策になりますように。

本当の意味での子どもの幸せを、もう一度考えて頂けますように。

そして、今の危機的状況を理解しますように。

 

松居先生、講演など、お忙しいと思いますが、時間があります時に是非またお会いしてお話させて頂ければと思っております。

私だけでなく、前回共にいた先生方のモチベーションがだだ下がりです。

様々なことによってエネルギーをチャージしないと、潰れてしまいそうです。

(ここから私です:

地方の公立保育園で、親と保育士に一緒に講演を聴いてもらい、穏やかな園長先生と役場の人とお茶を飲みながら話していて、ふと憶い出して携帯に入っていたこのメールを読んだとき、園長先生と役場の人の目に涙が浮かんだ気がしました。そして、その奥に炎が見えました。

状況を真剣に考え、把握し、怒りをエネルギーにして頑張ってきたひとたちが潰れてしまいそうになっている。親に言えない。上に言えない。役場に言えない。保育園だけではないのです。幼稚園や障害児デイ、児童養護施設や児童館も含め、本音が言えない人たちが幼児期の子育てに、より深く関わっている。その歪みが出て来ている。一番長時間関わっている人たちの気持ちが尊重されていない。それが学級崩壊や引きこもり、老後の孤立化という現象になって出てきている。)

images

 

朝日新聞の「折々のことば」に私の文章が紹介された時のこと。哲学者が拙著から「ことば」を見つけてくれました。

『赤ん坊が泣いていれば、その声を聞いた人の「責任」です。』:松居和

媚(こ)びる、おもねるといった技巧を赤ん坊は知らない。いつも「信じきり、頼りきり」。それが大人に自分の中の無垢(むく)を思い出させる。昔は、赤ん坊が泣けば誰の子であれ、あやし、抱き上げた。未知の大人であっても、泣く声を聞けば自分にもその責任があると感じた。そこに安心な暮らしの原点があったと音楽家・映画制作者はいう。『なぜわたしたちは0歳児を授かるのか』から。(鷲田清一

新聞のコラムを読んだ園長先生からメールが来ました。

「以前、心の清らかな人が保育園へ来て、子どものなき声を聞いて『あっ、誰かが泣いている!どこ?どこ?」と慌ててうろうろされたことがあった。なき声に慣れていた私たちは反省しきりでした。ありがとうございます!

(追伸)

その人は少し障害を持っていらっしゃる方でした。保育士たちと心が洗われた気になりました」

(ここから私です。)

仕組みによる子育てが広がると社会全体が「子どもの泣き声」に鈍感になる。園長先生はそれを言いたかったのです。人類に必要な感性が薄れ、遠のいていく。「心の清らかな人」の存在が一番輝く時に、その存在に気付かなくなってくる。

保育は仕事であってはならない。そんな風に自分を戒め、境界線の上を綱渡りのように歩いていく保育士たちがいます。慣れてはいけない、慣れてはいけない、と呟きながら。園長は知っています。自分だって慣れてしまっていた。それは、その子の「親」ではないからです。

師匠は、いまだに目指している、「本当の保育士」を……。「秩序」はこの園長たちの心の揺れの中にあった……。

別の園長が、「一年目の保育士にかなう保育士はいない」と言っていたのを思い出します。理屈でも正論でもなく、真実が普通に、時には相反するような言葉で、語られていた時代があった。それを伝えていくのは、聞いた者の役割だと思います。親は、常に一年目だった。だからこそ不安。だからこそ真剣。だからこそ信頼が育っていった。そこで「専門家に任せておけばいいんだ」という心理が動いたら、保育は絶対にそれを受けきれないのです。

子育ては、人類にとって大きな一律の伝承の流れです。その流れは「親の質」を問うてはいない。そうだとすれば、何が伝承されてきたのか。大学や養成校という仕組みの中で,何が伝えられるのか。伝えるべき中心は何なのか。「子どもの最善の利益を優先する」、それでしょう。

保育という仕組みを今すぐにでも、「雇用労働施策」の枠組みから解放しなければ保育は生き返ってきません。

保育がその本来の意味を取り戻し、「親の責任」を保ちつつ「園単位の責任」「園単位の喜び」にまで広げることができれば、私たちは強者の企てから簡単に逃れることができる。全員が幼稚園、保育園を通過していく。そこで親たちに子育ての喜びを実感させることが可能なこの国なら、できる。人生の輝きを幼児たちの中に見て、みんなで目的地を思い出すことができる。

それはきっと人類の進化に関わるいい「展開」で、それを指揮するのは幼児たちなのです。

(参考ブログ)

保育士を目指す学生たちに/園長先生からの手紙

『家庭崩壊が進んだアメリカで、いま「ワーキングマザーの約85%が家で子育てに専念したいと答え」ている。(東洋経済Online,会社人生にNO!米国、専業主婦ブームの真相:共働き大国の、驚くべき実態:https://toyokeizai.net/articles/-/32455)』

保育所に仮児童養護施設の役割を押し付けてくる:http://www.luci.jp/diary2/?p=2391

images-5

「父親が泣く日」

父親の一日保育士体験を、全員を目指して進める若い武道家男性園長から聴いた話です。

体育会系の父親が「俺は向いてねえんだよ、こういうの」と不平顔。

「いいからやるんだよ。ぶどう組だよ」と園長。(果物のブドウです。)

お昼寝の時間に、父親が息子の背中をとんとんしていると、小さな声が「おとうさん、ありがとう」。父の目に涙がポロポロ溢れます。

こういう瞬間に人間が育ってゆき、父親が一人生まれる。保育園でなければ起きないこと。

体育会系父親、帰り際、園長に、やって良かった、やって良かった、と繰り返したそうです。たった一日で自分自身を体験した。昔は、日常的に男たちが体験していた自分のいい人間性。自分の中には、いい人間が居る。そして、幼児だった頃の自分がいる、それに男たちが園児に混じって気づく。それを国が支えなければいけないのに、国はこういう機会を保育の産業化で奪っていく。

魂の震え方を、幼児たちが男たちに教えるのです。

父親の保育士体験に情熱を注ぐ若い武道家園長。この話しをしながらしてやったり、の顔。この世代、しかも男性園長たちが真の保育を理解してくれるとありがたい。ここに預けておけばいいんだ、と思われたら、それは保育ではないんだという女性園長の言葉を受け継いでくれたら、と願います。このままでは保育が、ただの託児、サービス産業になってしまう。いまは難しいですが、時々みんなでうちに来て、飲んだり食べたりしたのです。都議や区議や主婦、音楽家やNPOがまじります。

集まること、祝うことが社会の基本です。

 

「子どもが喜びますよ」

ある園で、父親の保育士体験を薦める私に一人の母親が、「休むと一日2万円損するんですよ」と言いました。年に一日卒園までに3回やって一生に三日、6万円。こんな奇妙な選択肢を夫婦につきつける社会も変ですが、選択は自由。とにかく説明し薦めるしかありません。幼児期は二度と還ってこない不思議な時期で、この時期に園児たちに囲まれると父親の人生観が変わったりします、何より父親が来ると、子どもが喜びます……。

二万円損するので土日にやってほしいと母親は言うのです。園長はじっと母親を見つめ、譲らない。日常を見てほしいのです。他の子たちの夕暮れ時も見てほしい。一回だけでは二万円損したと思うかもしれない。でも、卒園までに3回やれば、人生に三日の体験が6万円以上の価値があると必ず思うはず。そこまで信じているから勧めているわけです。嫌がる保育士だっているのです。それを説得して、保育士と一緒に決断し、父親の保育士体験を願います。

子どもは、父親がくると、お互いに気恥ずかしげですが嬉しそうです。一日平均十時間、4年通ったら千日です。たった三回でも、お父さんがその1日に寄り添ってくれたら、その時の自分を知ってくれたら。一緒に体験してくれることが嬉しいのです。

この嬉しさは本能的で根源的で、それを保育士たちは知っている。自分たちが与えることがけっしてできない親子の一日なのです。

父親が保育士体験をすると二万円損するから土日にやってほしいという母親を、手取り15万円に届かない保育士たちが見つめています。一緒に子どもを育てているのに、その目線に母親は気づかない。問題はそこにあるのです。

それでも子どもたちは懸命に生き、信じ、大人たちの心を一つにしようとする。その視線がいつか経済の係数になる。それに、学者や政治家は気づかない。

 

「普通人間はしない変な風景」

小規模保育や企業型保育所が新制度で奨励され、「子ども優先」という保育の基本を知らない人たちが参入し、保育界の常識が根底から変わり始めています。

親たちを客と考え、親身さに欠ける保育を教育で誤魔化そうとする。英語や音楽、リトミック教室を平行してやる保育所や学童(塾や放課後等デイサービスも含め)が広がり、月に数千円の追加料金でお稽古ごとが出来るという宣伝文句をよく見かけます。内容は様々で、はっきりとした規制もない。中には、同じ部屋の中で、お金を払っている子にだけに飛び飛びで英語で話しかけたり、お遊戯させたりする業者さえいる。普通人間はそういうことをやらない……。そういう変な光景が政府の「保育は成長産業」という閣議決定のもとに現れている。子どもの気持ち、子どもの育ちより自分たちのお金儲けが優先、子育て代行の利便性が優先される。だから、お金を払っていない親の子どもたちの気持ちを平気で無視する、無視出来る保育士たちがサービス産業の現場で誕生して育っている。こんな保育士たちに、親を叱れるはずがない。こういう信頼関係のない大人たちに囲まれて子どもたちが育ち、この国の未来が決まっていく。

時に、いい保育士に出会ったり、学校でいい先生に出会ったり、親との葛藤を経て和解したりして、人間を信じる心を取り戻す子どもたちもいるでしょう。しかし断言しますが、保育のサービス産業化は保育の本質を崩してゆく。全体としては決していい方向には向かっていない。親になる、子育てをする、ということは損得勘定を捨てること、本来、利益追求とは相容れないのです。

保護者のニーズに合わせて予算を組んでいた自治体が、確保できる保育士の数に合わせて予算を組むようになり、保育士たちの心のブレーキが、社会全体にかかっています。親のニーズも、政府の思惑も、新制度も、安心プランも、急速に絵空事になりつつある。自然の流れだと思います。しかし、その過程で幼児たちに取り返しがつかない事が起こっている。

以下に掲げたのはネット上にあった保育で(簡単に)儲けることを薦める広告の一つですが、「保育」は、こんな宣伝文句で始める「勝ち組」になるための「仕組み」ではなかったはず。「保育は成長産業」という閣議決定が、人間から人間性を急速に奪っているのです。

「注目の放課後等デイサービス事業:16人契約で営業利益100万円」

営業利益100万円が可能なビジネスを知っていますか?!我々が選ばれる理由とは? 定着性の高いストック型ビジネス。なぜ勝ち組になれるのか?秘訣はこちらから。安定経営・異業種参入者多数・未経験でも安心・万全の支援体制・FCノウハウ充実。

images-11

 

「嬉しそうな園長先生」

群馬の保育園で保護者と保育士に講演したときのこと。

講演が終わって親たちも帰り、ホッとして園長先生と職員室で話をしていました。

「園舎の建て替えが終わってくたびれてしまいました」、と七〇過ぎてがんばっておられる園長先生がおっしゃいます。

「親たちもずいぶん変わりました、これからどうなってゆくんでしょうかねえ」

もう一踏ん張りですよ、昔の親たちを知っている方々がもう少しの間がんばっていただかないと、という私の話に耳を傾けながら、園長先生は暗くなった園庭を眺めていました。

そのとき、一人の母親から電話がかかってきました。

子どもが家で泣きやみません。熱にうなされ、担任のN先生に会いたい、と言って泣いているというのです。その日は土曜日、さっきまで園にいたN先生はもう帰宅の途についています。

「困ったわねえ」と言いながら園長先生はなぜかニコニコしています。

そして、「私は恵まれています。いい保育士さんに囲まれて」と主任さんに電話して、N先生を探します。しばらくしてN先生から電話が入ります。主任さんは先生たちの携帯の番号を知っています。園長先生は知らないそうです。それくらいがいいのだそうです。

園長先生はN先生に事情を説明しながら、「あんたも保育者冥利につきるねえ。よかったねえ。はやく電話してあげなさい」と電話口で言います。N先生が電話の向こうで頷いているのが、その会話からわかります。N先生はデート中だったみたいです。

電話を切って、「昔は、お母さんに会いたいと言って保育園で泣く子はいたけど、先生に会いたいと言って子どもが家で泣くんだから、おかしいですよね。でも、やっぱり園長としては嬉しいです」

勤務時間は終わっているのに、泣いている子どもの気持ちに応えようと、ためらいなく担任の先生を探す園長先生。保育士一人ひとりと信頼関係がちゃんと作れているからできること。規則の中で生きていてはできないこと。保育というシステム(仕組み)の中で生きているのではなく、「子育て」が生み出す人間同士の信頼、家族にも似た対応に、私は感心しました。こんな園が、少なくなった。

園長先生はもう七四歳。

「最近の親はどう相手していいかわからないことが多くて……。昔だったらもっとはっきりものが言えたんだけど、近ごろちょっと自信がなくなっているんです」と、さっきから職員室で一時間も愚痴をこぼされていたのです。

その人が一本の電話で急に生き返ったように、ニコニコしながら対応しています。

こんな感じがいいんだな、と思いました。

泣いていた子はインフルエンザでここ三日ほど保育園を休んでいたそうです。きっと、先生と保育園が恋しくなったのでしょう。

園長先生と私は、黙って、主任さんの入れてくださった紅茶をゆっくりゆっくり、いただきました。

おいしくおいしく、いただきました。

i mages

市場原理の導入や規則や仕組みの規制緩和によって、消えてしまいつつあるあの風景を思い出しながら、あの時一番嬉しかったのは誰だったのか、と私は考えて見ました。そして、ふと、N先生とデートしていた彼氏だったにちがいない、と決めました。人間の絆や幸せは、幼児の幸せを願うことによってつながっていく。

そうしながら、迷い、オロオロし、心を一つにして祈る、それが人間という手をつないでいく「子育て」の本質です。

そのことを忘れた政府や専門家たちが、待機児童をなくすことを目標にまた新たな規制緩和を始めています。質が下がるのを知っていないがら、ただ量的拡大を目指している。保育で儲けようと参入した人たちの、今度は生き残りのためにやっているとしか思えないようなこうした規制緩和が、保育界から「親心」を奪っていきます。

子育ての「風景」が消えていく。風景は、それを創造する人たちの「生き方」「決意」の集合体なのです。

 

手紙1

松居先生 

ご無沙汰しています。 お変わりなくご活躍のことと存じます。 

先週公私立の主任会の席上1日保育士体験の報告があったそうでお知らせいたします。  

K市も9月からやっと全園で取り組み初め、いろいろ議論があったようですが、「案ずるより産むが易し」でそれぞれ好感の報告だったそうです。 

ある園では、転勤で埼玉県から引っ越してこられた方があり、向こうですでにお父さんが体験されて K市でも希望されたケースもあり今のところ順調に過ぎております。 

これからいかに継続、発展させていくかが又問題となってくると思いますが、全園児保護者体験を目指して努力してまいりたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。ささやかなご報告で申し訳ございませんが引き続きご指導よろしくお願いいたします。                                             K市 A.J.

 

返信1

ありがとうございます。嬉しい限りです。

いま、保育界が追い込まれている、人材不足、財源不足、親の意識の変化、規制緩和や水増しによって広がっている質の低下を考えると、一日保育士体験で象徴的に保育の存在意義と子ども優先の姿勢を社会に対して明確にしてゆくことが一番大切だと思います。それにより若い保育士に、保育は親に対するサービスではなく、子どもを優先に、子育てをしているのだということ、それには親との信頼関係が必要なのだという意識を持ってもらう。このままずるずる国のいう「サービス産業化」に進んだら、いい保育士は集まらなくなってしまうと思います。

よろしくお願いします。

手紙2

松居先生

我が園の新しい試みに少しお耳をお貸し頂きたく厚かましくもメールさせて頂きます。保育の理念はあくまでも仏教によっております。そんな関係で、障碍を持つお子さんも皆とともに育ち合ってほしいと統合保育を学級編成は、縦割りを特徴としております。

子どもの行事に関しましては、保育園は、保護者の就労を支える場所ではありますが、保育園は常に幼い人の代弁者でありたいとの思いから、日頃大人のスケジュールに合せられている子どもに対し、行事の際だけは大人が、子どものスケジュールに合わせて頂きたいと4月の時点で、年間計画を保護者に示し、休暇の取得を予めお願いしています。このあたりのことは常々保護者に理解を求めてはいますが、毎回行事の度に出てくるアンケートは土日に行事を開いてほしいというものが多くあります。行事の一つ、毎年、12月8日は釈迦の悟りを開かれた成道会(じょうどうえ)という仏忌に当たりますので、前半セレモニー、後半子供たちの生活発表会の2部仕立てで開催しています。今年も次のようなアンケートがまいりました。

「昨年までは乳児組だったので、あっという間に出番が終わってしまう感じがして、他の学年も見なかったのですが、今年は、見ごたえがあるなと思いました。まずは、物語劇、あれだけの長い科白を全員がよく覚えたなと感心しました。又、毎年違う物語なので衣装も小道具も後ろの背景も全部作るのが大変だったろうなと思いました。先生方のご苦労を思うと有難いです。来年象バッジ(年長組)として、あれだけの大役をこなせるのか、正直心配ですが、たのしみでもあるなと思いました。やはり仏教の教えが根底にあるので、どの出し物も心に響くものがありました。その点で、K保育園はかけがいの無いものであると思います。ただ、1点だけすみません。

職場では平日に行事が行われることに理解が得られないようで、保育園なのに、何故休日に行事をしないのかと言われるたびに心が折れそうになります。職場のあるK市ではそれが普通だとか。もう少し休日の行事が増えると有難いと思っています。」

最近は子どもに対する大人の許容量がうんと狭くなり、世田谷の保育園新設に対し、近隣住民から反対運動が出たニュース等寒々とした報道が次々出ています。保育関係者が、必死に子どもの立場を訴えても、なかなか時代は変わってこないことに気付かされ、行事に参加を可能にしてくれた職場の仲間に園としてもお礼を伝えることで、子どもの立場をアピールできるのではと考え、今回初の試みとして添付のお礼状を職場に届けて頂くようお知らせを出しました。先のアンケートの方は勿論ですが、他にも希望者が出るのではと思いましたが、一向になしのつぶて、いささか落胆していましたら数日後、隣の市の役所に勤務のお父さんから、職場のみんなに伝えたいからと礼状を求められ、思わず、やったー!とガッツポーズでした。

市長さんは住みやすい市を強調されますが、いつも申し上げているのは、卒園後、15年すれば、立派な市民、その時、本当に立派な市民であるかどうかこの乳幼児期のありかたにかかっていることです。1日保育士で、親を巻き込み、お礼状で、一般市民の理解を深めてもらうということにならないかなと考えています。

 

images-12

「魂の次元の相談相手が人間には必要です。子育てはあらゆる方向に、それを探し、作ること」

「家庭的」という言葉が失われようとしている時代に、出来る限り家庭的な園をつくろうとしていた園長が言いました。

「あるお母さんが言うのです。娘が、いもうとがほしい、いもうとがほしい、と言うので、二人目を妊娠したのです。ところが最近、妹はもういらない、と言うんです。どうしたらいいでしょう、って」。そして、笑いながら、「ふん、ふん、それは困ったねー、と話を聴くんです」

園長先生がどんな顔でその相談を聴いているのか、そのあたりが人間のコミュニケーションというもの、いわゆる「家庭的」の中身であって、答えです。

(http://www.luci.jp/diary2/?p=253:園長からの手紙:厚労省と政治家は心の耳を傾けてほしい。)

images-4

 

ここに最近ユーチューブで見つけて、気に入っている映像があるのですが、城の中で、ギター弾きと女性の歌い手と、シャボン玉をする人と、クルクル回る男の人がするコンサートです。お時間のあるときにぜひ、観てください。

https://www.youtube.com/watch?v=cT2F-KBIUt8&feature=emb_title

Castle, Bubbles and a Whirling Sound || Estas Tonne & Family

この不可思議なパフォーマンスに集まってくる人たちがいる。そこに救いを感じます。「なぜ?」という理屈を超えた不思議な次元で、人間たちはたやすく、コミュニケーションをしてきた。相談しあってきたのです。

これを見た人たちが、その不思議な次元を理解し、共有する。

このクルクル回る男の人は、ここでクルクル回るために生まれてきたんだ、と感動するのです。

今、先進国社会で進む分断の根っこに、仕組みの進歩とテクノロジーの進化によってコミュニケーションの次元が浅くなり、本来人間が持っていた「感性」が衰えてきていることがあります。様々な理由で亀裂が深まっても、そのもっと先、もっと深いところにある古代からの取り決め、調和が見えていれば大丈夫だったし、そこにある平安を目標にしていればなんとかなった。

子育ての本質を、損得勘定とは離れた、命が交錯する、人間のコミュニケーションの舞台として捉えなければなりません。

 よいお年をお迎えください。

 

「子どもの貧困」

米国大統領選のトランプ支持者の異様な騒ぎ方を見ていると、徴兵制度という踏み絵を一度踏まされた60年代70年代の昔の若者たちが、自分の人生に辻褄を合わせようとしているのを感じる。学校の校長も教会の牧師も、戦場に若者を送る手伝いをしていたことがあったのだ。

あの時の分断、そして、マスコミに踏みにじられた自分たちの「愛国心」を、やはりそれは純粋だったんだと思いたい。

私の音楽家の友人たちも、ベトナム行きの運命にかなり近づいたことがあって、その時の話を冗談交じりに話してくれた。

「前線に行きたくなければ、徴兵される前に軍楽隊に志願するんだ」と話してくれたのはロビンだったか……。ロサンゼルスの軍楽隊には、ハービー・メイソンとマイク・ベアード、そしてトム・スコットがいたという冗談か事実かわからないような話を聞いたことがある。それは、音楽家として最低限可能な反戦運動だったのかもしれないが、たとえ順番が来る前に戦争が終わったとしても、踏み絵を踏まされたことに変わりはない。

真剣に生きようと、戦場に志願していった友人のことを懐かしそうに話してくれた人がいた。ベトナム戦争はその前半、志願兵でほぼまかなわれていた。

「子どものころ、奴は、野球場で国旗を見上げた。その時、横に居たのは父親(オヤジ)だったかもしれない。みんなで一緒に国歌を唄う。すると、魂が震えるんだ」

と彼は言った。

「そういう風に生まれてしまった。どうしようもないことなんだ。わかるかい?」

私は、頷く。この説明の方が、祖国と自由、という実感のない言葉よりも理解できた。

「独立記念日に。軍楽隊を先頭に兵士たちが行進するのを見て、突然何かが溢れてきて胸がいっぱいになる。足音が心に刻まれる。友情や恋愛、郷愁なんてものとは違う、もっと崇高な目標を、その時自分一人で選んでしまうんだ……」

そう言いながら彼は、少し嬉しそうだった。

「不幸になると思って、志願するやつはいない……。覚えておいてくれ。死ぬかもしれない、それもわかっていた」

私は、その言葉を書き留めた。

「当たり前のことだけど……、兵士になるということはそういうこと。すすんで自由と平等というやつを捨てるんだ。それも魅力の一つさ。人生を舐めている奴らには絶対にできない。

持って生まれた資質に誠実な、そういう風に生まれついた少年が一人前になろうとした。それを利用して戦場に送ったんだ。蜃気楼にでも感動できるように、とまでは言わないが、もっとやりようがあるだろう。こんなのはフェアじゃない」

images-2

 

「子どもの貧困」

 

ある朝、「子どもの貧困」という見出しを新聞で見た。ただ、その言葉に、強い違和感を感じた。

社会現象、社会問題のように、マスコミは報じ批判する。例えば「不寛容な社会」というような言葉を使って。

助けなければいけないとしても、この言葉「子どもの貧困」を黙って受け入れるわけにはいかない。慣れてもいけない。「子ども」が親から切り離されている感じがする。

貧しい一家、貧しい一族、貧しい村、貧しい国、なら違和感はない。子どもは誰かに守られていて、誰かとセット、というイメージの中で捉えることができた。そこに、社会の主人公はいる。

でも、新聞で見た「子どもの貧困」という言葉の裏側には、孤立して、守り手が身近に居ない子どもの集団を感じるのです。あってはならないこと、を感じるのです。

「子どもは親の所有物ではない、一人の人格」などと言う人がいましたが、そんな哲学じみた偽善では、子どものお腹は一杯にならないし、心も満たされない。子どもたちには何も伝わらないし、こういう種類の責任回避を子どもたちは喜ばないと思う。子どもは庇護のもとに生きる人たち、可愛がられる人たち、愛されるためにいる人たちです。

「子育て」は、たぶん八割くらいの人たちが、それぞれに自分の子どもを可愛がって、寄ってたかって甘やかしていれば、全てがうまく回っていく。そういうもの。

ここに一枚の写真がある。タミルナード州のダリットの村で撮った写真です。この母子は貧しいのですが、その姿から私は不幸を感じない。

 C01-27b

 

信仰の対象となり、無限に多くの人々を励まし勇気づけてきた聖母子像は、母に抱かれる幼子、神の子の姿でした。人間性が生まれる原点がこの組み合わせにあるから、尊ばれ、拝まれてきたのでしょう。

欧米のように家族の定義が崩れ、半数以上の家庭が伝統的な家庭観を(血のつながりという形で)維持できなくなった国々では、「子どもの貧困」は欲(夢)の追求という流れの中で現れた「社会現象」かもしれない。しかし、日本はそこまで崩れていない。正直に、「親の意識の問題」と報道しないと、心の貧困化に歯止めがかからなくなる。

私たちがいま突きつけられているのは戦災孤児や難民の問題ではなく、干ばつや洪水に襲われた結果でもない。

水道の蛇口をひねれば澄んだ水が出て、スーパーマーケットには新鮮なカタチの揃った野菜があふれ、高級外車もたくさん走っている。子どもが怪我をしても、119番に電話をすれば救急車が駆けつけてくれる。塾帰りの小学生が夜道を歩くことができる。豊かさと治安という面では世界一と言って良いこの国で、「子どもの貧困」はすなわち「大人たちの心の貧困」「絆の希薄化」、「弱まってきた家族や親戚、友人の結びつきの問題」と指摘すべき。もし、それを阻むのが、プライバシーの侵害、個人情報、などという絆を分断させようとする言葉なのであれば、こういう言葉の裏にあるものに早く気づいて捨ててしまわないと手遅れになる。

物の豊かさに反比例するように、心の豊かさと信頼関係を捨て始めている人たちがいる。

聖書に、心の貧しき者は幸い、と書かれている。心の豊かさを求める者ということであって、心の豊かさを捨てることではない。仏教でいう他力本願は、幼児の隣に座ることが、易行道の本道ということ。これほど易しい道はない。

繰り返しますが、こういうことがまだ言える国、流れを変えることが出来る国だから私は言うのです。まだチャンスはある。

images

一人ひとりの子どもの事情を知ることはできない。だからこそ福祉とか制度、という人もいます。でも、だからこそ家族、だからこそ「子育て」に対する意識、弱者に信頼されることの幸福感だと思う。一つの「貧困」の周りに、数人の「その子の小さい頃を知っている」親身な視線があれば、日本のように豊かな国はだいじょうぶ、弱者が強者の心を育てるという「子育ての道筋」があらわれる。

耕し直しができるとしたら、幼稚園、保育園、しかないのではないか、と私は言い続けてきました。ほぼ全員が親子でそこを通って行くからです。幼稚園、保育園をやっている人たちの意識が、子どもの最善の利益を優先し、親子関係がその根本になければならない、という二点でまとまれば、政府や経済界の思惑に関係なく、子どものための環境を耕すことはできるのです。園という単位がいい。村という単位に似ていて、強い。この数の人間の集団は、強い。

子育てが不得手な親、できない親は一定の割合で室町時代でも、どんな村にでもいたのでしょう。どの村にも二歳児がいるように……。それでも、八割くらいの人たちが、子育てにそこそこ幸せを感じていれば大丈夫だった。不得手な親も、社会に絆を生み出す「いい意味での」必要な欠陥になった。二歳児がどの村にでもいるように……。

i mages-6

 

「保育の受け皿」という言葉にも同様の違和感を感じたのです。

「子育ての受け皿」と言い直せば、それがあってはならないこと、なのが見えてくるのに、意図的に人間性の問題を仕組み論に持っていこうとするやり方。祈りの世界を、学問の領域に持っていこうとする。こういう種類の言葉を使って、人間にとって一番大切な領域を、政府や学者が作る施策がポイと捨てようとしている。

ここ五年間で、政府は、保育の受け皿を50万人分作ったそうです。そして、待機児童は半分の1万3千人になったという。この数字に疑問を持ってほしい。そこにとんでもない矛盾があって、落とし穴がある。真の目標が覆い隠されている。

待機児童解消には、0、1、2歳児を保育園に預けて働く女性を八割以上にするという数値目標があって、それを政府は「子育て安心プラン」と名付けているのです。

「子育て安心プラン」は本来、親たちが自分で育てることができる環境を整えることであるはず。それが正反対の方向へ動いている。

乳幼児の親は、自分の親、つまりその子の祖父母に数時間赤ん坊を預けることにも本能的に不安を感じ、それが「普通」、それが子育ての出発点でした。子育ては、信頼関係がなければできないことなのです。信頼関係をつくること、つくろうとすること、つくることができたらそれに感謝すること、が子育てに必要な心の動きだったのです。言い換えれば、子育てを分かち合うことで、人間は、生き抜くための信頼と安心を手に入れてきた。

まだ待機児童がいるということは50万人の受け皿が埋まったということなのです。政府の保育施策は、もともと、預けようとする人を増やすことが目的なのです。労働施策、経済優先の雇用の数値目標が先にあって、だから「人間性」という現実と折り合いがつかなくなる。そこで生み出された現実は、公立保育士の非正規雇用化であり、いきなり50万人の子どもを引き受けさせられた保育士たちの苦労と苦悩であり、人材の自転車操業に追い込まれ疲弊化し続ける仕組み、つまり保育の質の低下なのです。

そして何よりも、親たち(父親たち、そして母親たち)の意識の変化、ここが一番怖い。それに気づいて欲しい。

こうした後戻りが不可能になりつつある失敗の裏に、保育の現実を知らない政治家や専門家たち、幼児と過ごす幸せを忘れた人たちがいる。

この無謀な数値目標をいまだにマスコミが煽り続けている。最近の報道です。

(「待機児童ゼロへ、14万人分の受け皿必要 政府が集計」https://www.asahi.com/articles/ASNB35R5DNB2UTFL01G.html)

マスコミの手助けで経済施策が進められ、幼児が後回しになっていく。

厚労大臣が、資格を持っていて保育の仕事に就いていない人が80万人いる。掘り起こせばいいんだ、と言ったことがあります。資格を持っていれば保育(子育て)ができる、と勘違いしている。この厚労大臣が言う「資格」は学問とビジネスに根ざした消費者の都合に合わせて作られた資格であって、人間性による選択がなされていないし、祈りの伝承も含まれていない。

他人の子ども、3歳児なら二十人と8時間楽しく向き合える人間はそうそういない。生まれつきか、育ちか、この人たちは特別な人たちであって、大切にされるべき人たちです。(私にはできません。)この人たちを使い捨てにしてしまう仕組みを、規制緩和、市場原理、成長産業という言葉を使って政府は作っていった。

政府の思惑に誘導された大人たちの子育てに対する心境の変化で、人間たちが親身な関係を失い始めている。様々な場面で、寂しがっている子どもが増えている。それは未来に繰り越していく悲しみであり、苦しみです。

慣らし保育の風景を見れば、犯している間違いの原点がわかるはず。

しかしその風景はほとんど報道されず、慣れればいい、と思い始めている。それが「進歩、発展」だ、という人たちさえいる。

子どもたちの役割が見捨てられ、それに慣れ始めている。その結果が「子どもの貧困」と母子家庭の苦境です。今、コロナウイルスで様々な苦境が洗い出されています。そして、税収減による福祉予算の削減はこれから数年続くのです。だからこそ、数人の親身な関係を生み出す「子育て」を、仕組みから親たちのもとに返していかないと持ちこたえられなくなる。

images-4

以前、2代目若手男性園長が私に言いました。彼は、保育の風景を見ながら成長したのです。

「中学生の頃、慣らし保育で、『ママがいいー、ママがいいー』と泣き叫ぶ子どもたちを毎年見ていて、こんなことを人間がして良いはずがない。絶対保育の仕事には就くまいと思いました」と。

「一週間の慣らし保育で泣き叫ぶ幼児の映像をまとめて編集し、政治家に見せれば、保育はサービスだ、親のニーズに応えよ、などと安易に言わなくなるのではないでしょうか」と別の園長が言っていました。

慣らし保育。何に慣れるのか。「ママがいいー、ママがいいー」という叫びに慣れるのか、慣れて言わなくなることに慣れるのか。

0歳から預ければ「ママがいいー」という言葉さえ存在しなくなるのです。大切なもの、生きるきっかけのようなものが、一つ一つ消えてゆく。それに慣れようとしている社会に私たちは住んでいる。それに慣れた世代が、いつか気づいて「家族がいいー」と叫ぶでしょうか。

慣らし保育で「ママがいいー、ママがいいー」と叫ばれた母親は、自分がいい親だったから叫ばれたことを憶えていてほしい。それは勲章だったのです。

そして、その時お互いに流した涙は、人生で一番美しい涙だったかもしれない。毎日、子どもを保育園に置いてくるたびに心の中で涙してほしい。それに慣れないでほしい。保育士たちはそう願っています。

この2代目園長は、中学生だった時の、その時の記憶を忘れずにいま保育をやっています。中学生はまだ感性の人たち。してはいけない妥協を本能的に知っている。

だからこそ、一番心の次元での説得がしやすい人たちでもあるのです。私が一時間説明したあと、送られてきた感想文です。

中学生たちとの対話:http://www.luci.jp/diary2/?p=185。

中学生の感想文、その2:http://www.luci.jp/diary2/?p=186

「家族の形」が残っていなければ、幸福の伝承は一部の人間だけに許される特権になってしまう

「家族の形」が残っていなければ、幸福の伝承は一部の人間だけに許される特権になってしまう。